キッズユーチューバーになりたい子供続出?稼ぐ子供に大人の反応は微妙

キッズユーチューバーになりたいと言う子供が続出しているといいます。

 

朝の番組スッキリの調査によると小学四年生の将来の夢に『ユーチューバー』がサッカー選手、医師に次いで第3位にランクインするなど…

 

時代は変わりましたね〜(;゜0゜)とつくづく感じました。とこんな風に呑気な意見を言っている人もいれば『けしからん!』などとお怒りの意見も多数見かけました。

 

今回はキッズユーチューバーについて、さらに現在活躍しているキッズユーチューバーやそれに対しての大人の意見をまとめてみました。

スポンサードリンク

 

キッズユーチューバーって何なの?

 

キッズユーチューバーはその名の通り、子供のユーチューバーの事でして、実際に活躍しているキッズユーチューバーがいるという事です。

 

ユーチューバーは皆さんご存じだと思いますが、有名なのははじめしゃちょーとかヒカキンさんとかですかね…

 

ユーチューバーは最近増加しています。旅をしたり、英会話を教えたりと色んなことをやってユーチューブにアップしています。

 

キッズユーチューバーはおもちゃを実際に遊んで紹介したりだとか、子供に人気のイベントに出かけたところを撮影したり、人気のキャラクターの歌を紹介したりといった動画をユーチューブにアップしているみたいです。

 

キッズユーチューバーの画像は再生される?

 

kokko

 

ユーチューバーは今や大人だけのものではなくて、子供にも広く浸透しているものです。街に出たり買い物に出掛けたりすると、親のスマホ片手に何かをジッと見ている子供っていますよね、

 

ユーチューブを見ているらしいです。スッキリでインタビューに答えいた子供は電車の移動中にユーチューブを見ているのだそうです。

 

他にもたくさんの子供がユーチューブを見るか?の質問をされていましたが、ほぼ100パーセントの子供がユーチューブを見ていると答えていて、

 

有名ユーチューバーのはじめしゃちょーやヒカキンはもちろん知っているらしい(;゜0゜)

 

ですからキッズユーチューバーが作る動画は子供目線で作られていますし、子供も楽しめるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

さらに、自分もキッズユーチューバーになれるんじゃないか?と素直に感じてしまうのも納得できますよね。

 

 

キッズユーチューバーの収入は?

 

そこで気になるとがキッズユーチューバーがどれほど稼いでいるのか?という点だと思います。

 

やはり顔を出しているため、キッズユーチューバーの収入などは明かされていませんでしたが、ユーチューバーの頂点にいると言われているはじめしゃちょーやヒカキンさんとかは億の年収があると言われているので、

 

ユーチューブの再生回数が多いキッズユーチューバーはもしかしたら我々の収入を上回っている?なんて事もあり得るかもしれませんよね(・・;)

 

実際ユーチューブに動画をアップしたりするのはキッズユーチューバーの親になりますから、キッズユーチューバーがその収入を手にできる訳ではないんですが、

 

早速、キッズユーチューバーについて世間では賛否あり話題になっています。

 

世間やネットの反応は?

 

・親の小遣い稼ぎだろ?

・子供は外に出て遊びなさい。

・顔を出して大丈夫なのか?

・黒歴史を作るだけ。

・キッズユーチューバーなんて朝から頭が痛い。

 

まだまだ反応あるんですが、賛否と言いましたが賛はなくて否定的な意見ばかりが目につきました。

 

やはり子供は無邪気に遊んでいるイメージがあるのにユーチューブで稼ぐなんて子供らしくない!って正直感じてしまいますよね。

 

しかし実際キッズユーチューバーは世界でも増加していて海外にははじめしゃちょーやヒカキンさんクラスの億を稼ぐキッズユーチューバーもいるのも現実です。

 

近い将来は就職はしないでユーチューバーになります!という世代が出てきてもおかしくない時代なんですよね。

 

 

まとめ

 

自分の子供がキッズユーチューバーになりたいと言ってきたらどうしますか?

 

ネット上では子供をインターネットに上げるのは危ないからやめた方がいいとかインターネットの怖さを分かっていないとか、

 

キッズユーチューバーが危険だという意見が多かったんですが、

 

SNSが当たり前で自分や子供の写真をインターネット上にアップするのも当たり前の事になりつつありますからね、

 

またキッズユーチューバーは大人になったら顔も多少は変わりますしね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る