ノートをレンジ字が消える→黒焦げになり親からクレームに疑問の声?

ノートをレンジ字が消えるというYouTubeの動画を参考にして、同じように子供がノートをレンジでチン!

 

しかし、やった人の結果はノートが黒焦げになり→家中が煙まみれになり家事寸前になったそうなんです。

 

この一件でYouTubeを流した大学生ユーチューバーの水溜りボンドのカンタさんとトミーさんは謝罪動画をすぐにUP‥

 

しかし、このノートをレンジ字が消える事件後ユーチューバーと動画を見せる親について賛否が‥

 

ノートをレンジ字が消えるのか?

 

まず、確認したいのが本当にノートをレンジでチンしたらノートに書いた字が消えるのか?

 

ということからですね。

 

ちなみに、レンジで消えると言わたのは擦ると消えるでお馴染みのフリクションボールペンです。

 

あのフリクションペンは熱で消えるペンですから、レンジで加熱して字を消す→という発想になったのでしょう。

 

スポンサードリンク

レンジで字が消える動画はどんな感じ?

nnn

現在は、この動画は削除されていますが一体どんな動画だったのでしょうか?

 

この動画を実際見たという記事がありましたんで、参考にさせていただきます。

 

まずユーチューバーの水溜りボンドのお二人が楽しそうにフリクションペンを持ち、これ知ってる?

 

フリクションペンが熱で消えることを説明しながら、ノートの字を全部消すことができたらノートを無限に使えるよね?

 

とワクワクする話をする。

 

そして、フリクションペンで1ページを黒く塗り潰してそのノートをレンジに入れて加熱‥

 

すると黒く塗り潰したノートが真っ白に!

 

これをユーチューバーの水溜りボンドさんが面白おかしくYouTubeでやっているんです。

 

YouTubeの動画では、実際にノートは真っ白になったそうなんで、これをみた子供がスゲーと真似をしてもおかしくないですね

 

しかし、実際はノートが黒焦げで家中煙まみれにΣ(゚д゚lll)

 

実験型YouTubeは子供に大人気

 

この手のYouTubeは最近多いですよね、私も結構好きなんですよね、

 

レンジに大量の石鹸を入れて加熱したり、大きなシャボン玉を作ってその中に入ってみたり笑

 

自分じゃ絶対しないけど、どうなるか気になるようなことを上手く見つけて動画にしてる‥

 

子供も絶対好きですよね笑

スポンサードリンク

 

ネットの反応は賛否

 

しかし、こういった一件によって実験動画に賛否が‥

 

・ユーチューバーは子供を騙して金儲けしてる、動画に真似しないでとの注意がなかった。

 

などユーチューバーを非難するコメントもあれば、一方では‥

 

・子供が真似するのは当たり前、動画を見せる親がおかしい。

 

と動画を見せる親を非難するコメントもたくさんありました。

 

実際にはやりたくてもできないことを体を張って、やってくれているユーチューバーさん達ですが、

 

実験しているのは、こうするとこうなるのか?

 

みたいな噂の検証をする動画が多いかと思います。

 

しかし、噂を検証するわけですから上手くいかない時もあれば、たまにまぐれでできる場合もあり‥

 

まぁ、こんなこともあるのか( ̄^ ̄)ゞくらいの気持ちで見た方がいいのではないでしょうか?

 

子供には真似しないように言い聞かせる

njkk

子供への注意や説明が大事です。

 

YouTubeを見て、目をキラキラさせながらこんなんできるんだって〜

 

やってみたい!

 

と好奇心の旺盛な子供ですから、そう言ってくるでしょう、

 

しかし、YouTubeは素人が作っているものが多いので正直信憑性に欠けます。

 

ですから、YouTubeを子供だけで見せるのは注意が必要なのでは?と感じました。

 

まとめ

 

以前、カイロの中身で焼き芋を焼くという動画があり見てみました。

 

カイロの袋の中身を出してさつまいもにかけて、時間をおくと焼き芋になる‥

 

というものでしたが、

 

カイロの中身を食べても大丈夫なのか?

 

絶対少しは口に入っているはず‥

 

とユーチューバーの体が心配になったことがあります。

 

こんなことを真似されたら、やはり心配ですので子供には注意することが大事ですね。

 

ちなみにそのユーチューバーはいつも真似しないでねと注意しています^_^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る