ママ友カーストは実際にある 医者や帰国子女がステータスに?

ママ友カーストって凄い言葉ですよね、ママ友はお互いの立場がどちらが上なのか、密かに格付けしあっています。年収や旦那の職業や子供の成績…

 

ママ友カーストの格付けにはそれぞれ持つステータスが使われて、比べられています。

 

そんなママ友カーストの実態や、ママ友カーストの上位と下位の違いや格付けする理由について調べてまとめてみたいと思います。

 

ママ友カーストは実態にあるのか?

 

まずはこの疑問について、実際ママ友同士で格付けし合っているという実感がないママもいて本当にカーストなんて存在しているのか?という疑問がありますが、

 

どこにでもママ友カーストは存在するけれど、付き合う人や子供の通う学校によってないところもあるそうです。

 

やはり私立の有名幼稚園などでは、教育熱心なママが集まるところですから、それなりに競争意識を持つママが多いと考えられます。

スポンサードリンク

 

教育にお金がある程かけられる→年収も高い→プライドも高い傾向にあるため、無意識のうちにママ友の旦那さんの職業が気になり、年収が気になり、格付けが行われる…

 

ということになります(;゜0゜)

 

またママ友は似た者同士で群れている傾向にあります。同じタワーマンションとか、子供が同じ習い事をしているとか、同じ私立に通わせたいと思っているとか…

 

有名な話では、タワーマンションの階数で格付けし合っているとか、有名私立公のお受験対策について探りあっているとか、また同じ習い事で子供の優劣を気にしている、

 

などなど、こう見てみるとママ友カーストというまではいかなくても、ママ友が自然と比べている…という事が分かりますよね、

 

ママ友カーストの上位と下位とは?

pad

ママ友が格付けする時にみるところは、『ステータスになるものを持っているかどうか?』なんですよね。くだらないと感じる人も多いでしょうがこれが現実のようです。

 

そのステータスとなるのはやはり旦那さんの職業や年収がダントツで格付けに影響します。

 

旦那さんの職業が、医者や弁護士や会計士といった職業や公務員だとママ友カーストでは上位に入るようです。また住んでいる地域が高級住宅地だったり、高級タワーマンションだったりすると、またまた地位がアップするそうです。

 

ようは金持ちか金持ちじゃないか…でしょう(・・;)

 

ママカーストのトップにいるセレブママモデルの滝沢眞規子はデザイナーの旦那さんがいて、都内に建てた豪邸に住んでおり、身に付けるものはオシャレなブランドばかり…

スポンサードリンク

 

自らもモデルとして活躍していて、子供も3人いて、オシャレでスタイルが良くて、美しい…

 

こういうママがママカーストの上位にいます。自分にお金がかけられるというのは美しくいるための最大の要素ですからね。

 

一方で下位層はやはり年収が低い、だから自分にはお金がかけられないし、子供の教育にもお金がいかない…

 

とこれが現実だそうです。

 

他にもあるステータスとは?

kid and dog

 

また旦那さんの職業や収入以外にもステータスになるものがあります。

 

それは、子供が帰国子女だったり、子供の成績がずば抜けていたり、子供の運動能力がずば抜けている…などの『子供関連のステータス』です。

 

子供が美人とかイケメンというのもステータスとなりますが、やはり容姿よりも母親の教育のおかげね〜〜と言われる能力の方が重要な傾向にあります。   

 

ママ友カーストを描いたドラママザーゲームでもお金持ちのカースト上位に位置するママが頭のいいママ友カーストの下位に属する子供に嫉妬しているというストーリーでしたよね

 

やはり、どんなにセレブでお金持ちでも子供の成績や能力が良くないと駄目なようです。

 

さらに、国際化が進んでいる現代において自分の子供に英語を喋れるようになって欲しいと願う親は多くて、英会話スクールやインターナショナルスクールに子供を通わせたいと思っている人が多いそうですが、

 

そんなママ達が欲しいステータスが『帰国子女』というステータスです。

 

英語教育に敏感な現代では帰国子女というステータス、これを手に入れれば、一気にママ友カーストの上位に行ける程のパワーを持っているようです。

 

旦那さんを置いて、ママと子供だけで留学しちゃうケースも増えてきているそうなので、ママの熱が伝わってきますよね。

 

まとめ

男性はどうか分かりませんが、やはり女性は同じ女性の持ち物や使っている化粧品などにどうしても目がいってしまいます。

 

気になるというか、無意識のうちに比べてしまっているのだと思います。

 

特に自分がこだわっていて、ある程度知識があると自負しているものに関してはすごく敏感になりますし、欲しかった物を身近な友達が持っていたら

 

やっぱり羨ましいと嫉妬してしまうのではないでしょうか、

 

それが我が子と旦那の比べ合いになったらやはり少々ややこしいし、怖いですけど…

 

プライドがすんごい高い人って実際いますからね〜

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る