リウマチの薬で発毛?トファシチニブで短期間でフサフサに!画像あり

リウマチ薬として使用されているトファシチニブという薬で脱毛症が改善されて、フサフサになったという情報があります。

 

しかも、髪の毛だけではなくて眉毛や体毛まで生えてきたことが確認されています。

 

トファシチニブってどんな薬なのか?実際に髪の毛がフサフサになった経緯など詳しくまとめてみたいと思います。

 

リウマチの薬を試したのはイェール大学

 

情報によると、米イエール大学医学大学院のBrittany G. Craiglow氏らがJournal of Investigative Dermatologyで発表したものらしいのですが、

 

脱毛症に悩まされていた25歳男性に、関節リウマチを治療するゼルヤンツ(一般名トファシチニブ)を服用させた。

 

彼は2歳から発症した脱毛症の他に尋常性乾癬の症状にも悩まされており、ステロイドで治療していたが、

 

症状は悪化する一方だったという‥

 

そしてイェール大学病院へと紹介されたよう。

 

リウマチの薬トファシチニブでフサフサに?

 

Craiglow氏らはアメリカや日本でよく使われているリウマチの薬が乾癬や脱毛症に有効であることを知っており、

 

この患者にリウマチ薬であるトファシチニブを投与することにしたらしいです。

 

投与する量は1日10mgで、日本でのリウマチ治療に使われている量と同じ量だそうです。

 

すると、2か月後に男性の乾癬の症状が改善されて発毛も確認されたのです( ゚д゚)

 

スポンサードリンク

その後、トファシチニブの量を15mgに増やした結果‥

 

img_1521 

8か月で見事にフサフサになり、頭髪や眉毛や陰毛の発毛が確認されています。

 

ちなみに、トファシチニブによる副作用は確認されておらず、乾癬の改善は軽いと報告されています。

 

 

トファシチニブは病院で処方してもらえる?

img_1520

スポンサードリンク

 

こちらも発毛に成功した男性です

 

トファシチニブはリウマチの薬として2013年から処方されるようになった効き目の強い薬だそうです。

 

残念ながら、発毛目的での処方は承認されていないので試したいと思っても試すことはできません。

 

しかし、アメリカではトファシチニブによる脱毛治療の臨床試験の申請がされたようなんで近い将来リウマチの薬由来の薬で発毛治療する‥

 

という時代が来るかもしれませんね^_^

 

脱毛症で悩む人が増えている?

 

以前も記事にしましたが、脱毛は男性だけの問題ではなく、女性にも脱毛は身近な問題です。

 

最近では、若い女性も髪が薄いと感じたり、脱毛に悩んだりする女性が増えているようです。

 

ストレスだらけの現代ですから、仕方がないと言えばそれまでですが‥

 

髪の毛は若さの象徴ですし、脱毛はできれば避けたいところ‥

 

このように、色々な脱毛の改善方法が明らかになり脱毛治療が進んでくれることを心から望みます。

 

現在、30代半ば‥

 

ストレスも感じやすくなってきましたし、抜け毛も以前よりは、気になるようになってきました。

 

同じように、加齢による脱毛に悩む女性も多いので雑誌には発毛サロンの特集なんかもあり‥よく目にしますが‥

 

 

高っっ!((((;゚Д゚)))))))

 

とても治療するきになれません。

 

保険でカバーできればね〜

 

今後の展開に注目したいですね。

 

まとめ

 

この後なのか、ブラジルでも66人がトファシチニブの投与による発毛の検証を行なったようです。

 

結果は半数に発毛の確認が見られた‥とのこと。

 

半数なのか( ゚д゚)

 

ちなみに投与した期間は9か月間だそうです。

 

さらに記事ではトファシチニブには肝機能障害などの副作用もあるので研究グループはすぐさま脱毛症の治療に使われることはないと話したが、

 

新たな治療薬の可能性があるとも言ったようです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る