不倫に仕返ししたい?効果的な復讐ってあるの?

浮気経験のある男性はなんと半数以上にもなると言われています。それは機会があれば是非他の女性と…と考えている、

 

ということになります。 実際、旦那に不倫されていた…ということはよくある事だそうです。

 

旦那に不倫される。その裏切りに対するショックはとても大きいものです。怒りが込み上げてきて誰でも旦那に仕返ししたいと考えるはずです。

 

旦那の不倫に対する怒り 実際に不倫に気づいた奥さんは色んな方法で不倫に対する仕返しを行っているそうです。

 

その怒りは半端ではなく、 旦那を許そうと頑張っていても、不倫された当時の事を思い出したりすると怒りが収まらず、

 

また不倫について旦那を責める、ケンカのたびにむし返す… そんなことが日常茶飯事になってきて、

 

お互いが疲弊しきってしまい結果離婚…というケースも多いみたいです。 タダで離婚するというより、不倫に対してなんらかの復讐をして仕返ししてからではないと気が済まないというのが奥さんの心情ですよね。 やはり不倫した旦那に対してはなんらかの仕返しを行っているようです(゚o゚;;

スポンサードリンク

 

浮気した旦那への仕返し

 

証拠を徹底的抑えて、慰謝料を取る

 

旦那や不倫相手から慰謝料を請求して仕返しする方法は不倫した旦那や不倫相手に仕返しするには手っ取り早い方法だと言えます。

 

多額の慰謝料を取られると、旦那も不倫相手も以前のようにはいかなくなります。

 

人間はお金がないと不満が溜まりますし、心も狭くなりますから心に余裕がなくなり恋愛どころではなくなるでしょう、

 

気持ちもだんだんと冷めてきて、自然に別れるかもしれません。 しかも旦那は不倫によって家庭もお金も失ってしまいますから不倫を後悔するでしょう、

 

旦那が不倫してるな…と女性の勘で気づく事ってありますよね、そんな時は興信所を使って徹底的に証拠を集める方がいいみたいです。

 

旦那への仕返しとして高額な慰謝料を請求するためにも、不倫相手から慰謝料を請求するためにもまずは確かな証拠が必要不可欠です。

 

しかし、不倫相手と再婚してしまうケースもあります

 

身内や友人を巻き込んで復讐する

 

また中には旦那と離婚することで、不倫相手と再婚してしまう可能性もあるため、あえて別れずに不倫をネタにして一生責め続けるという人もいました。

スポンサードリンク

 

さらに身内や友人にも旦那が不倫をしたことを暴露して自分の味方につけてチクチクと責め続けているようです

 

旦那は身内や友人に会うたびに不倫は止めたのか?と聞かれるためにかなり肩身の狭い思いをしなければなりませんし、

 

噂が広まると、周りにいいカッコができなくなる…ということもあります。

 

中には旦那の職場にまで不倫した事をバラして社内での居心地を悪くしたり、新たな不倫を未然に防ぐために浮気ぐせがある男性だという事を広めたり…

 

しかし、この手の仕返しをあまりやり過ぎると旦那も奥さんに嫌気がさして逃げてしまう恐れがありますからご注意を…

 

さらに不倫を不倫で仕返しするという大胆な行動にでる 強者もいて仕返しの方法は様々です。

 

しかし、復讐のための不倫は新たな憎しみを生むだけなのであまり効果的ではありませんね、というか効果的な仕返しの方法なんてないのかもしれませんよね。

 

不倫する旦那はまた不倫する

tree

不倫がバレて慰謝料も不倫相手から取り、一度だけだと目をつむってもまだ不倫相手とは切れていなかったというケースも実際にあるそうです(・・;)

 

そんな事が発覚したらショックで倒れてしまいそうですが、それが現実なんだそうです…

 

やはり浮気する男性は治らないと思った方が良さそうですよね、もし旦那が一度でも浮気した事があれば(結婚前から)繰り返すと考えられますから覚悟が必要です。

 

浮気する男性というのは、その行為に対して罪悪感なんてものは持っていませんし、機会があれば浮気する可能性が高いです。

 

そんな男性には怒っても泣いても仕返ししても、残念ながら効果は期待できないでしょう…

 

まとめ

 

現在、世間では不倫は絶対に許されないといった風潮が広がりつつあるんですが、

 

一昔なら考えられなかった事ですよね(・・;) 以前は浮気は男の甲斐性だ!何て言われていましたからたくさんの愛人を持つ事が権力の象徴みたいな雰囲気だったんですよね?

 

しかし今では全く違いますもんね、 時代は変わるもんですね〜

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る