中絶止めてくれたら200万円?特別養子縁組サイトに非難の声

中絶を考えてくれたら200万円相当の援助をしますよと、NPO法人が特別養子縁組をマッチングするサイトで公開。

 

大阪市は現在までに、人身売買の誤解を招く恐れがあるとのことで7回も行政指導を行なったが改善されていないという((((;゚Д゚)))))))

 

中絶を考えてくれたら‥という言葉は確かに子供を産むのにかかる費用を負担するというより買い取りのようなイメージ‥

 

中絶やめたら‥にネットの声は批判が多い

 

ニュースの記事から見ると、大阪市が指導を繰り返しても改善されないとか人身売買と誤解を招くとかの情報から、

 

これはまずいでしょ?お金を貰えれば中絶止めるの?そんな意見が多いでしょう。

 

見て見るとやはり、これは良いんじゃない?という意見はかなり少数派でした。

 

・これは警察スルーなの?明らかに人身売買。

 

・悪質なブローカーなんじゃないの?もっと調査した方が‥

 

・中国とかに売られそう。

 

・臓器売買とかに使われるんじゃないのか?

 

スポンサードリンク

みなさんやはり疑いの意見をお持ちでした。

 

実際にあるの?人身売買?

huu

ネットの意見を見ていてゾクっとしました。

 

実際に世界中では現在でも人身売買は行われていて、信じられないほど安くで命が売買されているのです、

 

売買された命は性産業の犠牲になったり、劣悪な環境での労働で一生を終えることになるそうです。

 

また臓器売買の犠牲になるなど恐ろしいこともあるようです。

 

これが本当だとすると、ウロボロスは実話ということになりますね。

 

養子縁組団体は表向きで、実態は臓器売買するために身寄りの無い子を集めている‥

 

という話((((;゚Д゚)))))))

 

実態でないことを願いたいですが。

 

1人200万円はどこから出るのか?

 

NPOとは利益を追求しない組織です。

 

ボランティア活動をされてる組織というのは常にお金を必要としてるんです。

スポンサードリンク

 

例えば動物愛護の団体。

 

彼らは劣悪な環境下で飼育されている動物を保護して来ます。

 

その保護された動物達は長期間劣悪な環境にいたので病気にかかっていたり、糞尿でものすごく汚れているのです。

 

ですから動物病院にまず連れて行かれます。

 

しかし動物病院ってかなり高額なんです。しかし動物愛護団体はそれを自腹で支払います。

 

さらにボランティアの方々がシャンプーをしたり、餌をあげたりと愛情をかけてお世話します。

 

これだけでも普通に人を雇ったりすると、かなりの費用ですが‥ボランティアです。

 

毎日の餌や毎月かかる薬代も寄付や自腹だそうです。

 

そして元気になった動物に里親を見つけてあげるんです。

 

どうですか?すっごくお金がかかりそうですよね?

 

確かに養子縁組を希望する里親さんは、経済的な審査もされますし経済的に余裕がないとできないでしょうが、

 

団体から200万円の援助とか金額まで提案することではないような気がしませんか?

 

せめて産まれるまでにかかる費用を負担するとか‥

 

しかも金額を提示するなんて‥

 

行政指導されても正さないのが気になる

imagesvv72v601

さらにこの法人は行政指導を何度もされています。

 

その数7回_φ( ̄ー ̄ )

 

でも直されていないんです。

 

そこがなんだか気になりますね〜まともな法人なら改善指導されたらすぐに考えませんか?

 

話題になればなるほど、マスコミが騒ぎますからネットで話題になれば改善せざるをえませんね。

 

今後の動きに注目したいと思います。

 

まとめ

 

特別養子縁組マッチングサイトということは、それだけ養子が欲しいというカップルが多いということでしょう。

 

そこからお金が出ているのだとは思いますが‥

 

一体いくら払っているのでしょうか?

 

もっとよく知りたいし、報道してほしいなと感じました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る