二歳児のしつけでストレス爆発!どうすればいいの!

 

二歳児のしつけに手を焼く…ついたたく…と毎日朝から晩までママの手を焼く二歳児のしつけ(・・;)

 

子供によってもちろん個人差はありますが、二歳児が1番大変だというママが私の周りでも多いんです。

 

ヤンチャ過ぎて人の目が気になるから気軽に外に買い物に行ったり、外食できない…というケースもあるそうです。

 

二歳児のしつけって難しいの?

 

二歳児は一般的に『イヤイヤ期』なんて言われていまして、とにかく何をするにもスムーズにいきません。

 

例えば、お買い物に出かけるにしても『靴を履かせても脱いで投げる』とか車に乗せたら『嫌だ嫌だとわめいたり』、やっとお買い物に行けたと思ってもスーパーの中で癇癪を起こして泣きだしたり…(・・;)

 

スポンサードリンク

二歳児は興味があるからものを投げたり、色んなものを触ったり投げたり、叩いたりしますが、社会的なルールなどはもちろん皆無ですから周りからみたら、

 

『しつけがなっていない』なんて白い目で見られたりするかもしれません。

 

そんな手を焼く二歳児を連れてお出かけしていて、癇癪を起したり、泣きまくったりされるとママももう我慢の限界です。

 

『いい加減にしなさい!』『もう1人で帰りなさい!』何て怒り爆発な場面に遭遇したこともあります。

 

だいぶ前ですが、私の友人は子供が二歳児の時に会う約束しても出かける寸前で力尽きてしまい『今日はもう行けない…』と涙ながらに連絡してきたこともあります(・・;)

 

恐るべし二歳児…なんですよね〜

 

二歳児は目が離せないから大変

 

さらにイヤイヤ期と合わせて大変なのは二歳児は危なっかしいという事です。

 

目を離したらトコトコ歩いて行くし、呼んでも返事をしない。

 

周りには危険がいっぱいですが、興味深々で何にでも近づきますし、触ります、投げます(・・;)

 

また、同じ年齢のお友達と仲良く遊ぶなんてことはなかなか二歳児には難しいです。やはり自我が強いので物を取ったり取られたり、中にはお友達と喧嘩して叩いてしまったり…

 

お友達と遊んで楽しむはずが逆にストレスになってしまい、ぐったりして家に帰る、何てことは日常茶飯事なんです。

スポンサードリンク

 

では一体二歳児にはどんなしつけをしたら良いのでしょうか?

 

二歳児のしつけには…

hiking

二歳児のしつけは正直これが有効だというのは子供それぞれだと思いますが、二歳児はぐんぐんと成長している過程なんです。

 

色んな事をして毎日毎日、学んでいるのです。

 

ですからママや周りが一貫してこれはいいことこれは絶対ダメなことと示し続けることが大事です。

 

二歳児が言う事を聞かないからといって感情的になったり、一日中怒っていてはいけません。ママも人間ですからストレスで限界に達していっぱいいっぱいになるのも十分理解できますが、

 

3歳になれば、かなり楽になります。あともう少しと言い聞かせてもう少し頑張りましょう。

 

また、甘える時は甘えさせてあげるなど愛情をたっぷり注ぐ事も大事です。

 

イヤイヤ期で大変だからと言って、たたくとか閉じ込めなどのペナルティーはあとあとの子供の人生に影響しますので注意が必要です。

 

またイヤイヤだけに注目しないで、褒めるべきところは褒めてあげるのも重要なことです。二歳児だから何も分からないでしょうとならずに褒てあげてくださいね(^o^)

 

まとめ

 

私は二歳児を連れて飛行機に乗り後悔した事があります。

 

こっちはぐったりしていますから眠りたい休みたいけど、子供は走り回りたい…

 

食事が来たら全部こぼす…

 

うるさくならないように周りに気を使いっぱなしでストレスは頂点に(;゜0゜)

 

自業自得ですが、地獄でしたね〜

 

もう一組小さな子が機内にいましたが、そちらも子供をずーっとあやしていてこれまた大変そうでしたね。

 

しかし、友人の二歳児は飛行機に乗ると何故か大人しくなり良く寝ると言いますから二歳児がみんな飛行機に乗ると大変なわけではありませんが、

 

うちは大変でしたからしばらくは飛行機乗りませんでしたよ

(゚o゚;;

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る