保育園を反対する住民続出?子供にブチ切れるオトナ達

保育園がうるさいからと千葉県市川市や我孫子市、さらに東京都目黒区でも保育園の建設が住民の反対によって中止されました。

 

保育園落ちた、日本死ねという保育園に子供を預けることができない母親のブログが話題になり、保育園に子供をもっと預けやすくするように政府も動き出したかと思われましたが、

 

保育園はうるさい、騒音だと言われ裁判にもなりうるという事実を突きつけられました。

保育園は反対に国民の反応は?

 

・世も末だな…

・反対してるのは老人に決まっている、老害だ。

・未来ある子供に投資できない国なんて滅びる。

・自分の子供が手を離れたらよその子はどうでもいい。んだな…

・子供の声が騒音なんて、そりゃ少子化になるな。

スポンサードリンク

 

一方、保育園に反対の意見では

・保育園の近くに住んだら分かる、うるさい。

・保育園に送り迎えする母親のマナーが悪い。

・土地の価値が下がる。

この保育園騒音問題がニュースに上がった時、子供の声がうるさいと答えた住民の年齢が高齢者だと分かった為に、私欲で老人が未来ある子供をイジメている。

 

という高齢者バーサス子供というショッキングなイメージをマスコミが作り上げてしまった為にネット上では怒りのコメントが爆発していました。

 

子供の声は騒音か?

girl

 

子供の甲高い声を朝から聞きたいとは思いませんし、正直うるさいのはうるさいですよね笑

 

私も子供を産む前までは子供がギャーギャー走り回り遊んでいるのにおしゃべりに夢中な母親達を見るとムカッとしていました。

 

子供も母親もうるさい存在であると思っていましたからね、現在は多少寛容にはなりましたが、

 

 しかし、こうも露骨に子育て世代を目の敵にされると悲しいかなと思います。

 

保育園を作る時には防音の壁を作ると提案してしたり、子供が保育園から出る際は静かにするように教育に徹するなど… ここまでくるとショックではあります。

スポンサードリンク

 

子供だから…といって大目に見てはもらえないのです、公園でも遊んでいた子供のマナーが悪いと怒られたりゲートボールの邪魔になるからこっちに来るなと言われたなんてコメントもあり…

 

また幼稚園の騒音にクレームが来る為私語禁止の幼稚園もあるのだそうです。

 

そんな滅茶苦茶な(゚o゚;;と言いたくなります。

 

子供が嫌われる国、日本

以前、厚切りジェイソンが子供と公園でシャボン玉をしていたら迷惑だから止めろとおっさんにブチ切れられたと話題になりましたが、

 

そうなんです、日本では何故か子供が子供らしく遊んだりするとブチ切れられるというおかしな現象がたまに起こるそうです。

 

ファミレスで子連れで食事していたらうるさいと怒鳴られたり…というコメントもありました。

 

そして保育園はうるさいから建設しないでくれ…という事ですが、子供の肩身が狭くて息苦しいです。もちろん一緒にいる母親もいつもビクビクしなければなりません

 

電車なんて乗ろうもんなら、子供の行動が気になって一時も目が離せないので家に帰って来たらもうヘトヘトなんですよね、

 

しかし、子連れで海外に引っ越しした駐在さんや国際結婚で日本と他の国に住んだことのある方のブログを拝見して検証してみたら(欧米)、

 

日本での子育てに比べて、海外では子育てしやすい傾向にあるようです。子供が誰からも愛されているといて、子連れで出掛けてもストレスフリーだということが見てとれましたし、

 

実際、日本と海外の子育てを比べている記事もたくさんありました。 厚切りジェイソンが疑問を投げかけるのも頷けますね、

 

まとめ

 

少子化だと言われ、子供が増えなくてはいけないと言われていますが、子育てしていて子供が歓迎されていると感じた事はあまりないです、

 

むしろ邪魔だとか、うるさい存在だと思う人が多いのかなぁと感じています。

 

子供は少ないけど、人口は多い地域が多くて皆んな人混みや人にイライラしてるのかなぁと思います。

 

実際、どこに行っても人混みでイライラ、雑音でイライラします、唯一落ち着ける家でもうるさかったらイライラすると思います。

 

田舎で一軒一軒の距離が離れていて、人気がない場所に保育園を作りますと言うと、賑やかになるわね〜と喜ばれると思いますが、

 

そんな所には溢れる園児はいないでしょう。 溢れかえる人口の中にぎゅうぎゅうに騒音や人が詰め込まれているから嫌なんでしょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る