冷凍卵の作り方や賞味期限は?めちゃうま解凍時間はどれ位?

冷凍卵の作り方や賞味期限や解凍時間とは?テレビで冷凍卵がよく紹介されていますがご存知ですか?

 

毎日のように食べている卵ですが、冷凍卵にすることにより数倍も美味しくなるそうなんです(゚o゚;;

 

卵ならいつでも家に常備していますし、レシピの幅が広がれば助かりますよね〜今回はそんな冷凍卵について調べてまとめてみました。

 

冷凍卵の作り方とは?

 

冷凍卵って聞いた時、真っ先に浮かんだのは『すでに割って溶いた卵、または割った卵を冷凍卵にする…』という新しい保存方法みたいなものかなぁ〜

 

なんて思っていましたがっ(;゜0゜)

 

違う、全然違います、冷凍卵→殻ごと生卵を冷凍する、これが冷凍卵なんですね!

 

スポンサードリンク

しかも冷凍卵の作り方はチョー簡単でして

 

1 卵を軽く拭いてジップロックに入れる

 

2 冷凍庫に入れる

 

(冷凍卵が出来るまではおよそ12時間ほどだそうですが、時間は決まっていないので、自分の好みに冷凍卵を作ってもいいかもしれません。)

 

これだけです…(((o(*゚▽゚*)o))) チョー簡単ですよね〜これなら安い時に買いだめした卵をただ保存するためにも使えそうですし…

 

冷凍卵にすると絶品に!

 egg

そんな便利な冷凍卵ですが、普通の卵に比べると食感がモチモチとしていて絶品なんです。

 

これは卵を冷凍卵にする際に水分が抜ける事で、たんぱく質同士がくっつくことにより生み出される独特の食感だそうでして、

 

冷凍卵を解凍しても黄身がまんまるとしているので目に見えて違いが分かります(^o^)

 

冷凍卵のレシピは本当にたくさんありますから、冷凍卵1つで色んな料理が出来るそうなんですが、定番なのは黄身を醤油につけて御飯にかけて食べる卵ごはん…

 

…が…やはり人気なんだそうですよ!

 

冷凍卵だからこそできるレシピが沢山

 

冷凍卵の黄身は、普通の卵の黄身よりも水分が少ないため、調味料が入りやすいのが特徴です。

 

ですから黄身を醤油につけて食べるのがオススメなんだとか…

スポンサードリンク

 

さらに、冷凍卵を使うことによって、普段では難しいと言われていた『半熟卵の天ぷら』や『半熟卵入りのハンバーグ』など半熟卵を色んな料理に簡単に使えるようです。

 

また冷凍卵は普段の卵よりも味が濃厚になるので、いつもの卵かけごはんよりも濃厚になり、いつもとは違った生卵を食べることもできますよね。

 

この記事では冷凍卵のレシピは紹介しきれませんから、またの機会に。

 

冷凍卵の保存期間とは?

 

気になるのは冷凍卵の保存方法や保存期間なんですが…

 

 

冷凍卵といってもやはり卵はとてもデリケートな食べ物です。

 

海外では生卵なんて危険で食べれない…

 

というくらいですから、やはり注意が必要なんです。まぁ海外の卵と日本の卵は違うんでしょうけと…

 

保存期間は1か月ぐらいで食べてしまいましょう。冷凍卵の特徴として冷凍卵になっていく過程で、卵の殻が割れてきます。

 

 

そこから菌が入りこんでしまう恐れがありますので、生卵で食べたい方はなるべく早めに食べてしまいましょう。

 

また冷凍卵を作る際にはジップロックに必ず入れて冷凍庫に入れるようにして、外部からの菌が入らないようにするのも大事なんだそうですよ。

 

ジップロックに冷凍庫に入れた日にちも書いておくといいですね、

 

冷凍卵の解凍時間とは?

party

冷凍庫から出したばかりの冷凍卵をそのまま自然解凍するには1時間ぐらいかかるんですが…

 

正直、そんなに待てないですよね〜

 

そんな時はそのまま目玉焼きにすると、普段よりグラマーな目玉焼きになりますよ。

 

黄身がまんまる笑

 

になります(((o(*゚▽゚*)o)))何だか笑えます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?冷凍卵。

 

アッサリとしたサラサラの卵かけごはんもやっぱりおいしいんですが(゚o゚;;

 

たまには、モチモチの醤油漬けの黄身も食べたいですよね〜

 

少し風味や食感が変わるだけでなんだか別の食べ物感覚…

 

こういうのに弱いんですよね〜

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る