妊娠中にコーヒーやカフェインは禁止?死産のリスクが高まる?

妊娠中にコーヒーや紅茶などカフェインが含まれるモノをあまりとらない方がいいというのはもはや常識なんですが、コーヒー好きの方にとっては食後のコーヒーが飲めない…

 

というのは大問題(;゜0゜)

 

しかしきちんとした知識があれば妊娠中のコーヒーも飲めるかも知れませんよ!妊娠中にどの程度ならカフェインを摂取していいのか調べてみました。

p> 

女性にコーヒー好きは結構多い?

 

食後は絶対にコーヒーが飲みたい。毎日3杯以上はコーヒーを飲んでいる…

 

という方は多いです。

 

 

私も、私の友人も1日にかなりの量を飲んでいます。ランチやお茶に出かけると、『みんな結構コーヒー飲むんだなぁ…』『後で胃が痛くなりそうだな、大丈夫かな?』

 

スポンサードリンク

なんて感じることもしばしば…(・・;)

 

お仕事されてる方であれば、コーヒーを飲む回数も専業主婦の私たちなんかよりもはるかに多いのではないでしょうか?

 

妊娠中にコーヒーはNG?

park

そんな生活を送っていて、コーヒー抜きでは生きていけない女性はきっと多いはずです(・・;)

 

しかし妊娠すれば話は変わります。

 

一般的に妊娠中にコーヒーなどカフェインを含んだものは摂取していい量というのが決まっているからです、

 

まあ、子供にはコーヒーを飲ませませんよね…

 

妊娠中に食べたり飲んだりするものはそれより小さい胎児に直接影響するのでアルコールやコーヒーが良くないと言われるのには納得です。

 

妊娠中のコーヒーはどんな影響が?

 

コーヒーに含まれているカフェインは眠気を覚ます効果や利尿作用がありますよね、

 

妊娠中にコーヒーを飲むとこれらの作用は同じように胎児にも作用します。つまり胎児の血中も同じような濃度になってしまいます、

 

しかし、胎児はまだまだ発育中であるためうまくカフェインを体内から排出することができません(・・;)

 

コーヒーに含まれるカフェインは胎児の発育を遅れさせると言われていますし、多量にコーヒーを飲んでいるとなんと死産のリスクが高まるとも言われています。

 

たかがコーヒーですが、多量の摂取で死産のリスクが高まるなんて恐ろしいですよね(;゜0゜)

スポンサードリンク

 

ほかにもカフェインが含まれるもの

 

カフェインが含まれている身近な飲み物は、コーヒー以外にもあります。

コーヒーは100~150mg
紅茶ら75mg
インスタント紅茶は30mg
コーラは40~60mg
ココアは10~20mg
煎茶、ウーロン茶は40~50mg

 

などなど…これらはだいたい一杯あたりのカフェイン量です、烏龍茶にもカフェインは含まれていますから注意したいですよね(゚o゚;;

 

ココアにカフェインなんて、ちょっと以外でした。

 

妊娠中のコーヒーは何杯まで?

 

ちなみに妊娠中に摂取しても大丈夫と言われているカフェインの量とは1日300ミリグラム程度なら胎児には影響しないと言われているそうです。

 

ですから妊娠中であっても毎食後のコーヒーは大丈夫ということになりますよね。

 

私の妊娠中には母からコーヒーは1日一杯だけなら大丈夫と言われていましたよ(^o^)そんなに昔ではありませんが数年前…

 

おそらく母の時代はそう言われていたのでは?と思います笑

 

カフェイン抜きでもコーヒーは飲める!

joy

しかし、現在オーガニックにこだわり自分の子供には絶対添加物や体に悪いものは食べさせない!という熱心なママも多いです。

 

そんなママにはカフェイン抜きのディカフェコーヒーがおススメですね。

 

現在はネットで色んなものが買えますから、オーガニックでディカフェインのコーヒーも簡単に注文できますしね!

 

便利な時代になりましたからね〜(^o^)

 

まとめ

 

いかがでしたか?コーヒーと妊娠中の関係…

 

やはりカフェインの取りすぎはマズイようですね、私は妊娠初期はつわりでコーヒーどころではありませんでしたが、後期は1日少量のコーヒーを飲むこともありました。

 

ディカフェインのコーヒーもたまに飲みましたよ(^o^)

 

しかし個人的には妊娠中にはあまりコーヒーは欲しませんでしたね〜

 

妊娠してない現在では、食後にコーヒーを飲まないとなかなか落ち着きませんけど(;゜0゜)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る