子宮頸がんワクチンの副作用の真実が恐ろしい!不妊になる恐れがあるので危険?

子宮頸がんワクチンの副作用についてよくニュースで見る事があります。子宮頸がんワクチンによって不妊になるのは真実なのか?

 

子宮頸がんワクチンについて調べてみるととっても恐ろしい事ばかりが目に付きます。子宮頸がんワクチンを接種した事でひどい副作用に見舞われてしまい、

 

現在も普通の生活が出来ない人が多くいます。そんな子宮頸がんワクチンの副作用の真実や噂されている子宮頸がんによる不妊についてまとめてみました。

 

子宮頸がんワクチンは本当に効果ある?

 

子宮頸がんワクチンは11歳から14歳までの女子に対して行うワクチンで中学一年生の年に三回に分けて接種するワクチンです、

 

厚生労働省のホームページに記載されているのは、子宮頸がんはヒトパピローマウイルスにより発症するためにそのヒトパピローマウイルスを予防するためにワクチンを接種するということのようです。

 

子宮頸がんワクチンの接種対象となるのが中学生ということもあり、今までに子宮頸がんワクチンを接種した背景には母親の勧めなどでワクチンを受けた人が多いみたいですね、

 

子宮頸がんが予防出来るなら娘を持つ母なら将来の為に…と娘に子宮頸がんワクチンを勧めるでしょう。

 

しかし、その子宮頸がんワクチンの効果はもってのほかでキツイ副作用に苦しむ人達が多いのが現状だそうです。

 

しかも子宮頸がんワクチンの効果はまだ証明されていないのが現状なんだとか…

 

スポンサードリンク

というのも、アメリカのマイクアダムス氏が出版した本には『ヒトパピローマウイルスとはごくありふれたウイルスであり、感染したとしても自然に消滅するので子宮頸がんとは関連性はない』とされているらしく、 それを受けてかは分かりませんがアメリカのオバマ大統領は娘には子宮頸がんワクチンは受けさせていないという話まであります。

 

ですから子宮頸がんワクチンといっても本当に子宮頸がんの予防に有効かはまだ分からないと言えるでしょう。

 

子宮頸がんワクチンの副作用に苦しむ人達

sikyu

しかし子宮頸がんワクチンをすでに受けて重い副作用に苦しむ人達が沢山いるのが現状です。

このような副作用に苦しむ人達が多くいる為に、 政府も以前は積極的に子宮頸がんワクチンの接種を勧めていましたが、

 

現在はそれを行なっていません。それほど事態は深刻だと受け取れますよね。 子宮頸がんワクチンの副作用は大変重いものが多いです。

インフルエンザワクチン副作用の何と40倍ともいわれるほど高い確率で重い副作用が発症しているのも特徴です。

 

 

子宮頸がんワクチンによる副作用

 

・ワクチンを接種後に激しい痛みのショックで失神。

・ワクチン副作用で歩行困難になる。

・ ワクチン副作用で全身に痛みを伴う難病になる。

・ワクチン副作用で脳機能障害になり成績がガクンと落ちた。

・世界ではワクチン副作用による死亡例も少なくない。

・ 国内でも1人死亡している。

こんなに危篤な副作用があるのにはビックリですし恐ろしいですよね。もはやワクチンというよりも毒なんじゃないの?

と疑いたくもなるような副作用…

 

脳機能障害や死亡なんてするほどの劇薬でしょう、それも子宮頸がんにまだ有効かも証明されていないワクチンですから、 国が勧めるのはどうかと思いますね、

現在は勧めてはいないそうですが…恐ろしすぎるでしょう。国を信じてワクチン接種を行い副作用が出た方は本当に辛いと思います。

スポンサードリンク

 

子宮頸がんワクチンの真実という噂がある。

そして子宮頸がんワクチンの真実について記事を読み漁った結果…

 

ある子宮頸がんワクチンの真実という恐ろしい記事を見つける事に、 真実かどうかは別としてとても興味深い内容だったのです。

 

それはこの子宮頸がんワクチンにはペット避妊用の薬として使用されているアジュバンドという薬が入っているようでして、 子宮頸がんワクチンを接種した後に生理が止まったりしたケースも実際報告されていて将来不妊になる恐れがあるということがあるそうなんですね、

 

そんな恐ろしワクチンが学校や自治体から積極的に接種するようにしているという事について『人口削減の為にワクチン接種を率先している』なんて噂が流れたりしています。

 

そんな噂が… しかもなんか納得してしまうような心境に陥ってしまうのはやはり子宮頸がんワクチン推進の不自然さがあるからでしょうね。

 

その噂の真実は正直検証のしようがありませんが、子宮頸がんワクチンを積極的に接種させるためには恐らく時間をかけて、色んな症例や副作用を考慮したと思いますが…

 

海外の子宮頸がんワクチンの副作用や死亡例も考慮すればまだまだ成長過程にある中学生に積極的に接種させなくてもいいんじゃないかな? と感じてしまいます。

 

しかも子宮頸がんワクチンで重度の副作用が出た女の子は1人や2人ではなくて2500人以上!もいるそうですから、もっと早くに何故接種を止めなかったのか?

 

何故重度の副作用が頻繁するなかでワクチン接種の推進をなかなか止めなかったのか? とか疑問は多く残りますよね。

 

そんな日本人の人口削減計画疑惑まで出るほどのこの子宮頸がんワクチンの副作用問題…

 

子宮頸がんワクチン副作用で不妊はデマ?

 

一方で子宮頸がんワクチンの副作用で不妊になるなんてデマだ!!という声も多数あります。

 

実際に子宮頸がんワクチンを接種した方が妊娠したという記事もありますから子宮頸がんワクチンが不妊の原因と断言することは難しいでしょう。

 

子宮頸がんワクチンが不妊の原因になるのはデマだという意見を出しているのは病院や日本産婦人科学会からでして、

・子宮頸がんワクチンで不妊になることはない。

・ 不妊の原因となると言われている水銀系保存剤が妊娠に影響することはない。

としていて子宮頸がんワクチンの安全性が高い事を証明しています。

 

どちらを信じるか?

 

 

産婦人科学会のような医療機関が公式に子宮頸がんワクチンの副作用や不妊について否定していても、ネットにある悪い噂に惹かれて信じてしまう…

 

人口削減計画なんて漫画や映画の世界で絶対ない!と分かっていても『いや、本当は隠されていて真実はこっちなんじゃないか?』と疑いたくなるのです。

 

この件に関しては実際に子宮頸がんワクチンにより副作用に苦しむ人が数多くいるのでやはり悪い噂を信じてしまうでしょう。

 

子宮頸がんは確かに怖い病気ですし、予防できるならそれに越した事はありませんが、今病気にかかっているわけではありませんし、

 

少しでも副作用に不安があればする必要はないのでは? と感じています。

 

まとめ

 

私には娘がいますが、このような副作用が数多く報じられていると、とても子宮頸がんワクチンを受けさせる気にはなりません。

 

副作用の例が重すぎますし、確率も高いです。 どうしてこれ程までに犠牲者が出てしまったのか、

 

もうちょっと踏み込んで調査して欲しいですよね、副作用で苦しむ方達は皆さん若くて将来があるのに、本当に辛いと思います。

 

車椅子で副作用について訴える子を写真で見ました。子宮頸がんワクチンを打つ前までは普通に歩けたと思います。

 

なかには死んだほうがマシだと訴えるほどの重度の副作用に苦しむ子もいるそうです。

 

ワクチンを接種するのは中学生ですから当然ワクチン接種を決めるのは母親や父親になりますよね、その決断をした母親や父親も同じように苦しんでいるそうです。

 

親御さんの気持ちを考えると本当に胸が痛いです。 一刻も早い対応が今求められています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る