心臓移植募金のその後や高額さに疑問?嘘の募金が発覚し非難の声

心臓移植の募金ってその後どうなっているのか?そんな疑問を持つ方が少なくないとネットの掲示板で知りました。

 

そして、今回稀なケースだと思いたいですが子供の心臓移植募金と偽りお金を集めていた女性が虚偽の心臓移植募金だと認め謝罪‥

 

というショックなことが発覚‥

 

人の優しさにつけ込んだとんでもない人だなと思いながら、他の募金活動にも疑問を持ってしまいました。

 

心臓移植募金は全くのうそ?

 

心臓移植募金を偽りお金を集めた理由は、働けなくて生活に困っていたから‥Σ(゚д゚lll)

 

という身勝手なもの。

 

子供が理由でもなんでもありませんでした。

 

ちなみに、この女性は親族に心臓移植が必要な子供がいると偽り記者会見を開いたそうです‥

 

その記者会見で必要だと言っていた金額は1億5000万円。

 

すでに親族で5000万円は用意できていると会見したのだそうですが‥

 

よくもまぁ‥凄いうそをつけるなぁと、逆にすごいなと唖然としました。

 

ちなみに子供の病気も嘘だったみたいです。

 

スポンサードリンク

心臓移植募金のその後とは?

 imageshbdjvpr6

こんなことがあれば、他にもうそをついて募金してもらっている人だっているのでは?と疑いを持ってしまいますよね。

 

この一件でショックを受けた私はネットで心臓移植募金のその後について情報を集めていました。

 

すると、同じように心臓移植募金のその後が気になり疑問を持っている人がたくさんいる事を知りました。

 

心臓移植をしたもののその後亡くなった子もいますし、元気に暮らしている子もいます。

 

しかし、心臓移植にかかる莫大な金額に疑問を持つ方が多く・・

 

みなさんの意見としては、

 

・高額な費用は割り込みするため。割り込みに1億以上かかる。

 

・団体はなぜ、日本で移植できるように働きかけるようにしないの?

 

・心臓移植が必要な子供の親がいい暮らしをしている。まず自分が家を売るなりしないとな、

 

など、

 

1億単位で募金を募っているのにはやはり違和感を感じますよね。

 

心臓移植が必要な子供がいるたびに募金で1億単位で集めていてはなんの進歩もないんじゃないかなって、

スポンサードリンク

 

しかも、高額な理由は外国の子供の心臓移植より優先させるための割り込み費用。

 

それってどうなんだろうか‥

 

募金したお金で割り込みして、順番待ちしていた子供が亡くなっているとしたら‥

 

募金の集め方にも疑問を抱いてしまいますよね。

 

心臓移植募金の事実を知ることが必要

 

現在、心臓移植募金を募っている時やはりかわいそうだと思うのが普通です。

 

同じ子を持つ親として、何としても我が子を助けたいと思うのが親だと思うし、他の子よりもお金を積んで優先させたい気持ちも十分理解できる、

 

ですが、

 

こんな嘘で募金を集めようとした人がいたり、割り込み制度の話を聞いてしまうと、

 

これでいいのか?

 

 

と感じますよね、

 

しかも、その莫大な金額は割り込み費用だと知っていて募金してる人はどれくらいいるのだろうか?

 

日本からの心臓移植が拒否され始める

juii

そんなお金を積んで優先させるなんてことが現代でまかり通るはずもなく‥

 

世界保健機関が渡米心臓移植に自粛を呼び掛ける事態になりましたΣ(゚д゚lll)

 

実際、日本の2歳男児がアメリカでの心臓移植を希望していたが拒否されるという事態が起こり、

 

心臓移植で2億の募金を集めてアメリカへ即座に手術‥

 

ということが難しくなってくるような動きがあります。

 

日本では費用も少なく手術が出来ますが、ドナーが少なく待ち時間がかかります。

 

その為アメリカで心臓移植を決断する親御さんが多いのですが、

 

渡航心臓移植の自粛が呼び掛けられているので、今後どうなっていくのか‥

 

まとめ

 

心臓移植だと偽り記者会見した女性は、実際に振込先までホームページにアップしていた様子。

 

もっとお金を集めるためには、記者会見した方がいいとアドバイスされて、

 

引けなくなっていったそうです。

 

記者会見の前に言えば良かったのにね。

 

しかし、これを利用してお金を集めるのは絶対だめですよね。

 

何でもありだなこの人は‥

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る