指しゃぶりで出っ歯に?歯並びに影響して顔つきが変わる?

指しゃぶりで出っ歯になるというのはかなり有名な話ですよね〜~_~;

 

子供がずっと指しゃぶりを早く止めさせないといけないと気になっているママも多いのではないでしょうか?

 

今回は指しゃぶりによって出っ歯に影響が出るのはいつ頃なのか?また、指しゃぶりはなぜ止められないのか?についてまとめてみたいと思います。

 

指しゃぶりで出っ歯になるのか?

 

結論から言うと、指しゃぶりを続けていると出っ歯になったり歯並びに影響が出たりするようです。

 

スポンサードリンク

厳密に言うと歯が生え揃う、または歯が生え始めた頃に指しゃぶりをしていると出っ歯になったりするとか…

 

そりゃ、大人の歯だってワイヤーしたりマウスピースで毎日力をかけていれば動くんですから~_~;

 

子供の歯なんて動きたい放題ですよね〜

 

指しゃぶりしていると、同じ方向に力がかかるので歯もその方向へと向いて動くのは納得できます。

 

歯並びや出っ歯でかなり顔の印象や感じが変わるので、子供の将来に影響が出るともいえるこの問題。

 

出っ歯に影響がでるのは個人差がある?

images

 

では、一体いつから歯並びや出っ歯を気にして指しゃぶりを治すことが必要なんでしょうか?

 

2歳?3歳?

 

一般的には歯並びに影響があるからという理由から、3歳くらいには止めさせた方がいいとのことです。

 

しかし、これには何とも言えませんよね〜

 

子供によって歯が生え揃う時期は変わってきますし、歯が生えるのがすごい早い子だっていますしね。

 

そんな早い時期に指しゃぶりやおしゃぶりを止めさせるのはかわいそうですし…

 

さらに、小さい時期には指しゃぶりやおしゃぶりが必要だとも言われいます。

 

指しゃぶりがもたらす良い効果とは?

 

指しゃぶりは自然に赤ちゃんがするもの…

 

やはり理由があるんです。

 

指しゃぶりやおしゃぶりをすると…

 

・すぐに寝てくれる

・鼻呼吸が自然に身につく

・とっても落ち着く

スポンサードリンク

 

おしゃぶりを使うことにより、寝かしつけがかなりスムーズにできます。

 

寝る前におしゃぶりすることにより、ねんねの状態に入ることが出来て、早く寝かしつけたい時には抱っこしてユラユラするよりも、

 

おしゃぶりが必要だったりします。

 

さらに、健康にも良いと言われている鼻呼吸が身につくことにより、唾液の分泌も良くなり外からのウィルスに強くなります。

 

口呼吸については、口臭やインフルエンザの元になる為…

 

最近では、学校で鼻呼吸について学んでいる学校もあるくらいです。

 

それほど重要な呼吸法である鼻呼吸は赤ちゃんの頃は自然と行なっているそうですが、

 

さまざまな理由から口呼吸に変わってしまうみたいです。

 

海外では指しゃぶりはあまり気にしてない?

k

 

海外に行くと、4歳5歳でも指しゃぶりしている子供がたくさんいます。

 

飲み物を飲む時も、ある程の年齢かな?

 

と思うのに、まだ小さい子供が使うような容器で飲み物を飲んでいたりするんです。

 

これは、やはり後から矯正してしまえばいいから(^。^)

 

とのーんびり構えているからなようです。

 

日本ではあまり矯正するという文化が浸透していないため、早く指しゃぶりは止めないと…

 

と考えられているんですね〜

 

最近は大人でも歯の矯正をするようになってきたので、子供の矯正も当然になっていくかもしれませんね。

 

まとめ

 

指しゃぶりやおしゃぶりをいつ止めましたか?

 

といった問いに対して、

 

あまり覚えてない…

 

というママが多いのではないでしょうか?

 

うちも、おしゃぶりは使っていました。かなり愛用していまして歯並びなんて全然気にしていませんでした。

 

ある時、その愛用していたおしゃぶりが壊れてしまって~_~;

 

どうしよう〜

 

と慌てて買いに行きましたが、同じものがなくて~_~;

 

違うおしゃぶりで代用したところ…

 

おしゃぶり吸わなくなりました。

 

なんて簡単で良い子なの?とその時思いました笑

 

いつだったかについては、あまりはっきりと覚えてないですが…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る