無人レジでレジがコンビニに?ローソンの進化に世間の声が厳しい?

ローソンとパナソニックが開発した無人レジことレジロボが公開されましたね〜

 

つい先日Amazon goという精算する必要がないコンビニがアメリカで登場して話題になったばかりですが‥

 

日本でも着々と無人化、ロボット化が進んでいるようですね。今回はローソンでのレジロボ→無人レジについて調べてまとめてみました。

 

ローソンで無人レジ レジロボとは?

 

 

無人レジとは人がレジにいない→でも精算も袋詰めもできるということなんですが、

 

レジロボと聞くとロボットがレジを打ったり袋詰めしたりすることをイメージしてしまうんですが‥

 

ちょっと違いましたね^_^

 

秘密は買い物かごにありました。

 

huhuh

 

お客さんが特殊な買い物かごを持ち→買いたい物を買い物かごに入れる時ににカゴに埋め込まれているスキャンでスキャンする→

 

買い物かごをレジに持って行き、専用レジのカゴ置き場に置くと→画面に値段や詳細が出る→

 

お金を機械に入れて精算する→カゴの底が開き下にある袋に商品が入る→袋詰め完了。

 

とこんな感じです。

 

セルフチェックアウトより簡単?

 

スポンサードリンク

イオンとかで買い物するとセルフチェックアウトの機械がありますよね?

 

あれも便利ですよね、買う物が少なくて空いていたらピッピッと自分でやってサッサと会計を済ませることができます。

 

自分のペースで出来るし、楽しい?からかセルフチェックアウトは結構人気があり、たまに普通のレジより混んでいる時があります笑

 

でも、たまにややこしいときもありますね〜

 

前の人が機械を使いなれてなくて時間がかかりイライラしたり‥

 

エラーになったけど、近くに店員さんがいなくてオロオロしてしまったり‥

 

袋なしのテープはやはり店員さんに貰わなきゃいけなくて店員さんを探したり‥

スポンサードリンク

 

セルフでも結局店員さんが必要じゃないか?と感じることもあります。

 

しかし無人レジならカゴに入れてしまえばいいだけですから、セルフチェックアウトよりは断然簡単だと言えますね。

 

急いでいるコンビニ客にはぴったりの精算方法なんじゃないかな〜と思いました^_^

 

世間の反応とは?

jijij

・Amazonといいこれといい、いいぞ!

 

・防犯上は大丈夫なのかこれ。

 

・Amazon Goと比べるとかなり劣るな。

 

・人間の仕事が奪われていく‥

 

何か否定的な意見が多く目につきましたね〜

 

無人コンビニを発表したAmazon Goが凄すぎたので無人レジは正直ショボく見えたようです。

 

ちなみにAmazon Goは入店する時にスマホを専用機にかざすだけ。

 

あとはカメラやセンサーがお客さんの動きをみて何を持ち帰るか判断していくという最先端という名にふさわしいシステム。

 

精算はアプリを通してクレジットカードで行なわれます。

 

YouTubeで動画を見ましたが‥

 

ヤバいですね((((;゚Д゚)))))))

 

この後に無人レジの動画は正直あまり驚きはありませんでした笑

 

すみません(-.-;)y-~~~

 

ちなみに、この無人レジを導入するとコンビニの仕事を1割削減することができるみたいです。

 

導入は2018年になるとのこと、楽しみですね。

 

まとめ

 

しかし、どんどんロボットが出てきますね。

 

最近、建設現場でもロボットを使って作業員の負担を減らすなんて記事も出てましたし、

 

介護現場にも導入されつつあるようですね。

 

これから人口も減っていくし、高齢化で介護施設や病院の人材不足が深刻な様子‥

 

ロボットを導入は必須なようです。

 

無人化やロボット化は今後もっと進んでいきそうですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る