無印赤ちゃん用パジャマがホルムアルデヒドで回収?オーガニックに騙された?

無印良品の赤ちゃん用パジャマからホルムアルデヒドが基準値を超えて検出されたようです。

 

ホルムアルデヒドが検出された商品名はオーガニックコットンフランネルお着替えパジャマの赤です。

 

パジャマは自主回収されているようですが‥

 

オーガニックだということで、体に安心な物をと買われた方も多いでしょうが‥何故こんなことに。

 

ホルムアルデヒドとは一体何なのか?

 

ホルムアルデヒドって、たしか発ガン物質だったような気がします‥

 

早速調べてみると、ホルムアルデヒドは毒性が強く主に住宅の接着剤などに使用されています。

 

発ガン性物質として人体への影響が懸念されているホルムアルデヒド、

 

シックハウス症候群の原因となるものであり、新築の住宅に住むと引き起こされます。

 

スポンサードリンク

WHOは発ガン性であるということを明確にしていて、主に鼻腔がん、副鼻腔がん、口腔がんが誘発される危険性を警告しています。

 

パジャマにどうしてホルムアルデヒドが?

fyu

今回、回収されている問題の商品

 

ホルムアルデヒドが体に悪いのは理解できましたが、住宅に使われているものが何故パジャマに使われていたのでしょうか?

 

実はホルムアルデヒドはホルマリンというホルムアルデヒドが水に溶けたものとなり、

 

衣類が縮んだり、シワがよりやすくならないために衣類に使用されています。

 

これは、大人にはそこまで害がないらしいのですが、皮膚が弱い赤ちゃんには悪影響を及ぼします。

スポンサードリンク

 

ホルムアルデヒドは蒸発しやすく吸着しやすいという特徴を持っているので、ベビー服に吸着しないように、

 

ベビー服にはビニールカバーをするお店もあるようです。

 

もしかすると、無印良品の赤ちゃん用パジャマにはこのホルムアルデヒドが使われていたか、

 

管理する際にホルムアルデヒドが他の商品から移った可能性がありますね。

 

オーガニックでもホルムアルデヒド

jiu

今回、何がショックかと言いますと‥

 

やはりオーガニックからホルムアルデヒドが出たということ。

 

布に使われていた材料も本当にオーガニックだったのか?

 

と疑問を抱いてしまいますよね。

 

特に肌が敏感な赤ちゃんのために、少し高くてもオーガニックコットンを使用した衣類を買ってしまうものです。

 

しかし、抜き打ち検査でホルムアルデヒドが基準値越えとなると‥((((;゚Д゚)))))))

 

オーガニックの意味はあるのか?と言いたくなります。

 

ちなみに、衣類のホルムアルデヒドは海外からの輸送で何日もかけてってなると、他の商品にも付着する事も考えられます。

 

現在、ホルムアルデヒドが検出された原因を調査しているとのことですが‥

 

どんな結果なのか、今後の展開に注目したいですね。

 

見つかって良かった。

 

オーガニックコットンなのにホルムアルデヒドが基準値越えはありえない。

 

まとめ

 

安い服を通販した時、ビニールから出してみると‥

 

化学薬品臭い時がありました。

 

あれは絶対ホルムアルデヒドだと思います。

 

臭すぎてあまり着ることもありませんでしたが、あの服をクローゼットの中に入れて置いたのは間違いでしたね。

 

絶対他の服にも付いていますよね?

 

ネットを徘徊してたら、海外製の衣類でかぶれたりした報告もありましたし、

 

衣類だからといって油断はできないですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る