白色ワセリンを顔に塗ってニキビが悪化?治った?効果を検証してみる

美容効果に注目が集まっているワセリンですが、白色ワセリンを顔に塗ったらニキビが治ったとか悪化した…また唇が潤う、まつげが増える…などなど

 

まさに万能薬のようなプチプラコスメとして有名な白色ワセリンなんですが、その効果などは人それぞれだというのが現状のよう。

 

そんな魅力的なアイテムである白色ワセリンの美容効果について口コミなどから検証していきたいと思います。

 

白色ワセリンは顔に塗っても大丈夫?

 

結論から言うと大丈夫です。白色ワセリンはとても安全性の高い保湿剤で皮膚科でも処方されていますし、赤ちゃんのお肌に塗っても問題ありません。

 

白色ワセリンは口に入れても大丈夫…そこまで安全性が高いと言われています。

 

しかし、白色ワセリンって油分が多そうだし肌につけると肌が荒れそう、本当に美肌になるのか心配(・・;)

 

スポンサードリンク

確かにそうですよね〜普段使っている美容液や美容クリームのようにサラッと肌に浸透しないですし、使用感も最初つけた時はベトベトして不快でした…

 

ですからそんな使用感の重ためのクリームを肌に付けているとニキビが出来たり、悪化したりしそうなんですけど実際どうなんでしょう?

 

白色ワセリンでニキビが悪化?治った?

 

白色ワセリンを保湿剤として使用している方々の口コミなどを検証してみると…

 

『ワセリンが合わなくてニキビが悪化した』というものから…『ワセリンに変えたらブツブツしていたあごまわりのニキビが減ってきた』など両極端な口コミを発見しました(・・;)

 

一体どういうこと?

 

白色ワセリンは乾燥ニキビに効果大!

kanpai

ご存知の方も多いと思われますが、実は同じニキビでも、乾燥が原因で出てくるものと皮脂が過剰で出てくるものがあります。

 

乾燥が原因でできるニキビは保湿する事で落ち着いてくる事があります。

 

乾燥ニキビの原因は肌の角質を固くして毛穴を詰まらせますし、乾燥している事で皮脂が過剰に分泌されますからニキビが出来やすくなります…

 

そうなると保湿が必要になってくるんですが、乳液や化粧水は肌に浸透するものが多くて、刺激になりますし、本来ある角質層の油分を溶かしてしまい、逆に乾燥させてしまうという意見を持つドクターもいます。

 

しかし白色ワセリンや他のワセリンは皮膚に浸透しにくく肌を保護するのに優れていて肌の水分が蒸発するのを防ぐには最適な保湿剤だと言われています。

 

ですからニキビだからと言って洗浄力の高いクレンジングを使い、皮脂を吸収するスキンケア商品でいくらケアをしても治らなかったニキビが、

スポンサードリンク

 

白色ワセリンに変えたらでキレイに治ったと言うのも頷けますよね。

 

白色ワセリンでニキビが悪化した?

back

しかし、逆に白色ワセリンが原因でニキビが大量発生したり元のニキビが悪化した…なんて口コミもたくさんあるんです。

 

『ワセリンを塗ったら顔が痒くなった』『ワセリンを塗ってニキビが大量にできた』(;゜0゜)

 

これは私も経験がありますが、白色ワセリンが肌に合わないか、肌の油分が過剰な状態だと考えられます。

 

そもそもワセリンは肌を保護する効果が非常に高いです。

 

その効果は切り傷や擦りむけ傷にもワセリンで保護するほどなんで、いわば塗るキズパワーパッドなんですね。

 

ですから肌に白色ワセリンをべったりと塗りたくると肌の熱がこもり痒みがでたり、皮脂分泌が過剰な状態で肌に塗りたくると肌の状態か悪化するということが考えられます。

 

白色ワセリンは『強力な保湿剤』としてイメージしておくといいかもしれませんね。

 

ちなみに私はオイリー肌ですから白色ワセリンをべったり塗ると痒みがでます。しかしあごまわりなど乾燥する部分にはワセリンはかなり効果的なんです。

 

おデコや鼻にはNGでも口周りあごまわりの乾燥には絶大な効果を発揮してくれています。

 

白色ワセリンはメイク下地にぴったり!

 

また白色ワセリンはメイク下地にぴったりだと私は考えています。

 

メイクはどうしても肌を乾燥させてしまいます。理由はメイク下地やファンデーションには皮脂を吸収して化粧崩れを防ぐ成分が含まれているためです。

 

実際、メイクしたばかりはツヤツヤでも夕方になると肌が疲れてみえたり、乾燥により皮脂が過剰に分泌されてベトベトになったりしますよね、

 

しかし白色ワセリンを薄ーく化粧下地として使うことで肌に浸透しない薄い膜が出来、ファンデーションによる乾燥を防ぐ効果があります。

 

これはすご〜くおすすめです。

 

つける量を間違えるとメイクがうまくのらないので、ワセリンは本当にちょびっとです。手のひらでワセリンを伸ばして押し当ててつけます。

 

ファンデーションはミネラルファンデーションかパウダーがベストだと思います。

 

そうすると、リキッドなんかよりも自然なツヤが出て綺麗にメイクができますよ。

 

まとめ

 

ワセリンにもたくさん種類があり、白色ワセリンでもいいですが、プロペトやサンホワイトという純度の高いワセリンがよりおすすめです。

 

伸びや、使用感も抜群ですし普通のコスメに比べれば安くてかなり長持ちしますしね、

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る