肌断食に失敗したケース 肌がボロボロになり後悔しました‥

肌断食が美肌に効果的だということが注目されています。スキンケアなしでニキビがなくなり、肌のキメが整うというなんて夢のよう…

 

と私も肌断食をやってみたものの、アレ?こんな感じでいいのか?逆に肌がボロボロなんだけど大丈夫かな?美肌には程遠い結果となりました。

 

肌断食の経過や失敗談などをまとめていきたいと思います。

 

肌断食の効果って理想のスキンケア?

 

肌断食を始めて知ったのは『スキンケアやめました』という本に出会ったことからです。著者である平野卿子さんがスキンケアを止めていき、次第にスキンケアなしでも肌あれも乾燥すらしない、しかも美肌…

 

そんな夢のようなスキンケアに憧れて早速肌断食をスタート!

 

肌断食以前のスキンケアとは

スポンサードリンク

・オイルクレンジング

・洗顔フォーム

・化粧水

・美容液

・クリーム

・アイクリーム

 

※季節に合わせて美白ケアも入れたり、導入をしたりしていました。

 

とフルセット+週に3回の美顔器を使っておりました。正直毎月の出費がかさむのでスキンケアには嫌気がさしておりましたが、

 

スキンケアがない→シワシワカサカサのたるみ肌になると恐れていたので、毎日せっせとスキンケアしておりましたが肌断食でも美肌になれるのなら絶対にそっちの方がいいですよね?

 

お金も時間もかからないし、しかも肌の機能が回復するわけですから、スキンケアで作られた美白よりも自然な、本当の美肌が手に入るんですからとても魅力的だと感じました。

 

それから肌断食スキンケアを始めました。スキンケアの数はガクッと減り…

・洗顔(石鹸)

・ワセリン(カサカサの部分のみ)

 

メイクは石鹸で落とせるものに切り替えていき、日焼け止めはワセリンベースのものか、UVパウダーのみというシンプルなものへ変えました。

 

(;゜0゜)これだけに切り替た初日…石鹸洗顔した後は私の肌はパリパリになりました。しゃべるとピリピリして、余計なシワが出来るんじゃないか?と心配で心配でたまりませんでした。

 

しかししばらく経つと顔が油っぽくなりました。保湿されないので、肌が皮脂を出したようです。

 

正直、とー〜っても不快な1日だったのを覚えております。あまり寝付けなかった記憶が… 

 

肌断食結構イケるかもしれない?

sleep

ちょっとこのブログのタイトルからはかけ離れた見出しになってまいりましたが、肌断食を始めてしばらくは肌が若返ったように感じました。

 

・色素沈着やくすみが消えなかったのに、肌がピンクで明るくなってきた。

スポンサードリンク

・鼻の毛穴が小さくなってきた。

・ハリが出てきた。

 

それまでは鏡で顔を見ると、顔に線が入っていたのですが、(ゴルゴ線や法令線、おでこのシワ)なんだか気持ち薄くなっているなぁと感じました。

 

またメイクを最低限しかしなくなり、色素沈着が回復してきたのか、くすみが段々なくなり血色がよい肌になりつつありました。

 

頬や鼻の毛穴が小さくなり、肌断食は最高だ!このまま続けていれば美肌が手に入る!今まで悩んでいたのは何だったんだ?と笑いが止まりませんでした(^○^)

 

完璧な美肌になるスキンケアを見つけて気分は最高でした。

 

しかし…

 

肌断食で肌がボロボロに

 

何という無様な展開になってしまったんでしょう(・・;)

 

いい気になり肌断食を続けていましたが、3か月もすると肌がボロボロになりました。ニキビが大量に発生してボコボコ、乾燥で皮がめくれ上がり、おでこが痒くて真っ赤っか。

 

また顎やフェイスラインは角栓でびっしり…

 

鏡を見ると深いため息しか出てきませんでした。子供も私の顔を描く時に肌をブツブツにしていたくらい目立つものでして、酷かったです。

 

しかもこの肌あれは何をしても収まりませんでした、スキンケアを戻しても、クレンジングをしてみても、薬を使っても肌は余計に弱々しくなり、

 

気がつけば肌だけくすんでいて、茶色くなり赤みの酷いニキビが顔中を覆い尽くしていました。

 

ピーリングが救世主になった?

 

※それぞれ肌質が違い、これは私のケースですから肌断食で失敗した人に勧める方法ではありません。

 

それからもがく事数ヶ月…肌断食では禁断とされているピーリングに手を出しました。

 

というのも私は元々オイリー肌で皮脂分泌が多いのに、洗顔をあまり推奨しない肌断食をしていたので、古い角質が気になっていたんです。 

 

肌断食は肌の機能を高めるために、高い洗浄力のある洗顔や角質をはがす行為は禁止されていますが、仕方ないです。

 

健康な肌であれば自然に古い角質ははがれてなくなり、綺麗な肌に生まれ変わるのですが、私の肌は出来なかったんです。

 

私の肌をよく見るとゴワゴワして、汚れていると感じました。純粋に蓄積された角質を取り除きたかったし、やはり清潔な肌でないとニキビも治らないと考えたからです。

 

ピーリングをすると今まででこぼこだった肌の表面がつるつるして、ニキビも小さくなっていきました。大量にできたニキビ跡はまだ残っていますが、ボコボコよりマシです。

 

また肌の色も明るくなり、何よりベタつきやかゆみから解放されたので快適です。

 

現在は何とか以前のような肌を維持できています(^_^)

 

まとめ

 

肌断食は成功する肌質の人もいますが、私のように逆に最悪な肌あれを引き起こすケースもあります。

 

この手のスキンケアは好転反応という反応があるみたいで、肌が美肌になるために悪いものが出てきて一時肌あれを引き起こすと言われています。

 

しかしそれが何か月も続くと、精神的にもキツイし、肌もどんどん荒れてきます。

 

そんな時は皮膚科に相談して、適切な処置を受けてくださいね。

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 29日

おすすめ記事

ページ上部へ戻る