肩こりにアロマオイルは本当に効くのかを検証した件

肩こりにアロマオイル?アロマオイルってあの癒やし効果があるやつ?

 

重度の肩こりに長年悩まされている私‥

 

肩こり対策で使ったものは数知れず((((;゚Д゚)))))))湿布や健康グッズにマッサージ通い、さらには肩こりに効く薬やサプリまで‥

 

肩こりに効く薬はとっても危険

 

もともと肩が凝りやすい体質だったり、仕事で長時間のデスクワークをしなければならなかったり‥

 

あるいは子育てで常に子供を抱っこしていたり、毎月の生理の影響で肩が凝る‥

 

肩が凝るのも納得な生活ですね。

 

肩が凝ると頭痛や歯茎も痛くなるし、なんせ寝れないもんですから、近年は薬を使っていました。

 

薬は筋肉の緊張をほぐすもので、飲むと数分でジワジワと体が軽くなり眠気が出ます。

 

効き目は6時間程度ですが、がっつり寝れますので肩こりで眠れない日はしょっちゅう使ってました。

 

しかし、肩こりの薬を長期間使用すると体が薬に慣れてくるので効き目が薄れてくるのです。

 

さらに薬の副作用でボーっとしたり、眠くなったり、私は長期間使用した結果薬を使用する前よりも肩こりが酷くなりました。

 

これでは意味がありませんね。しばらく薬は止めようと使用を中止しています。

 

スポンサードリンク

肩こりに湿布やマッサージは?

 

 

ちなみに、肩こりに効くということはありとあらゆるものを試しました。

 

整体に通ったり、ヨガなどのストレッチも一年ほど試していますが、体質なのかホルモンバランスのせいなのか‥  

 

ここ何カ月は調子の良い日は1カ月に数日ほど‥

 

 

湿布や整体で受けるマッサージも正直その場しのぎにしかなってませんでした。

 

デスクワークがかなり影響しているんだと思うのですが、こればかりは(*´Д`*)

 

生理前後は本当に酷くて、頭が爆発しそうな日もあるんです。

 

肩こりにアロマオイルってどうなんだ?

 

そんな私は家族からこんな指摘を受けました。

 

「チョット薬っぽいの止めたら?どう?」

 

薬やサプリやら湿布などを毎日ヒーヒー言いながら使っている私はかなり重症に見えた?のでしょう。

スポンサードリンク

 

湿布も度を超えて使用すると、胃に穴が開くと言われていますからあまり良いものではないのでしょう。

 

今までは、ヨガやストレッチ以外はその場しのぎのようなやり方で肩こり対策していましたから‥

 

なるべく自然なものを‥

 

とアロマオイルという肩こり対策に辿り着いた私。

 

 

肩こりに効くアロマオイルはたくさんある

 

 

早速、アロマオイルをいくつか買いました。

 

リラックス効果でお馴染みのラベンダーや鎮静作用のあるペパーミントやローズマリーを購入。

 

きちんと効果がでるようにピュアオイルを使用しました。

 

試した方法は‥ マッサージです。

 

効果的なマッサージの方法は、入浴する時にマッサージを行うようですが、

 

私は偏頭痛持ちなんで、湯船につかると血行が良くなり頭が痛くなるのでシャワーの後に肩から背中腕にかけてマッサージしました。

 

アロマオイルを塗るというのは初めてでしたが、かなり癒されまして、すっごく良かったです。

 

私が気に入ったアロマオイルはペパーミントです。

 

ラベンダーは香りがきつくて、チョット気持ち悪くなってしまい((((;゚Д゚)))))))

 

ベッドに入ってから、またシャワーで洗い流すハメになりました。

 

しかしペパーミントは最高でした。

 

湿布よりも効き目があると感じましたよ、塗って数分でスーッと冷たくなり筋肉がほぐれていきます

 

塗ってすぐ寝るのがオススメ

 

 

 

 

オススメなのが、アロマオイルを塗ってからあまり時間をかけずにベッドに入ること。

 

睡眠導入剤を使用していないのに、アロマオイルを塗ってすぐにベッドに入ると寝つきがよくなりましす。

 

ちなみにアロマオイルを使った日はアロマオイルだけで試しました。

 

睡眠導入剤を使った時と比べると、目覚める時間は多少早くはなりますが、起きた時のしんどさがないので快適です。

 

現在、ペパーミントで数日比較的快適に過ごせています。

 

軽度の肩こりなら、アロマオイルで何とかなると思います。

 

あまり期待していなかっただけに、アロマオイル良かったです。

 

まだまだ色んなアロマオイルを試していきたいなぁと考えています。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る