花粉症にワセリンの量や塗り方は結構多めが効果的!化粧はどうするのか

花粉症にワセリンが効果的ですがその効果を最大限にする量や塗り方は一体どんなものなんでしょうか、

またワセリンは化粧の上から塗るのか下に塗るのか? いざワセリンを鼻の穴に塗ってみたけどテカテカして目立つんじゃないか?

量が多過ぎるでしょうとか不快感を感じたり… そんな花粉症にワセリンの疑問について調べてみたいと思います。

花粉症にワセリンの量や塗り方は?

あらゆるサイトを見ていてワセリンを鼻の穴に塗る量は様々でしたが、1センチ2センチ塗ってくださいと書いてある記事もあれば、

たっぷり塗ってくださいとシンプルに書いてある記事もありました…

お医者様が何センチ塗りましょうね〜と言っていたものはもちろんありませんから、

適量だという事ですよね、しかも気持ち多めに塗りましょうとの事だと思います。

鼻の穴も個人個人大きさが違いますから1センチ塗っていい人もいれば、1センチだと息がしにくい小さな鼻の穴の持ち主さんもいらっしゃるでしょう、

目的は花粉からブロックすることですから薄すぎはダメですよね、またワセリンも鼻水で流れてしまうこともありますから塗り直しも必要です。

気持ち多めに塗って自分が不快感を感じない程度でオッケーだと思います。 塗り方は綿棒でクルクルと塗れば手も汚れませんし、

ワセリンを塗った後はしっかりガードされている感じで安心感があります。 できれば鼻の穴だけではなくて周りにも少し塗っていた方がいいですね、

しかしここは目立ちますから少量のワセリンで十分です。 中には花粉の季節はマスクが手放せずずっとマスクをしている人もいますよね、

そんな人はマスクで隠れていますから気になるとこに塗っても問題ないですね! ワセリンとマスクのダブルブロックをするとかなり効果的でしてオススメです。

目の周りは化粧した後にがオススメ

スポンサードリンク

目の周りについては鼻よりもワセリンを塗ったのが分かりますから少量で大丈夫だと思います。

あまり沢山塗って無意識に目に手をやり、花粉のたっぷりついたワセリンが目に入るとたまらないですから、気をつけましょう!

付ける量としては米粒大程でいいようです。 ワセリンを肌につけると結構ツヤがでますからあまりテカテカしたくない方はあまりオススメはしませんが

、目元は乾燥しやすいですし、 化粧をした後時間が経つ度にしわっぽくなってきますよね、

そんな乾燥肌にはワセリンはアイクリームの代用品としても活躍します。

花粉症の方にはアイクリームと花粉症対策として使えて便利ですよね〜

花粉は目に直接入るというより顔に着いたものが目に入るか顔に跳ねた花粉が目に入るかなんだとか…

ですから目の近くにワセリンを塗ってブロックする事であのたまらない痒みを抑える事が出来るという事です。

スポンサードリンク

ワセリンを塗るのが化粧する前だとファンデーションやらパウダーなどて表面がサラサラになってしまいますから、

やはり化粧をした後に塗ってブロックするのが良さそうですね!

花粉症対策にワセリン口コミがすごい!

ちょっとしたブームなのでは?と思わずにはいられない花粉症にワセリンですが、ネットでは効果を実感した口コミが沢山あります。

驚いたのは花粉症の症状がとても重くて薬まで服用していた方がワセリンでくしゃみや痒みが収まり、薬なしで過ごせる日があるそうです。

アレルギーの薬は副作用がキツイ事でも知られていますよね、日中薬でボーっとしてしまうと危険ですし、気分が悪いですからできれば薬を飲みたくないと考えている人は多いですよね、

またワセリンを塗るとくしゃみや鼻水が止まったという口コミも多く見ることができます。

また辛うじて薬は飲まない方でもくしゃみや鼻水でティッシュをかなり使用することになり、鼻の周りが真っ赤で痛い…

そんな方には副作用もないですし、肌の保護にもなるワセリンはぴったりですよね!

人気は白色ワセリンみたい

花粉症対策として使用されているワセリンは白色ワセリンが人気だそうです。

やはり値段が安いこともあり毎日たっぷり使いたい方には白色ワセリンがよいのでしょう

ワセリンは2、3時間置きに塗り替えが必要ですから毎日使うとなると結構使用する事になりますからね、

中には外に出た時に使いやすいという理由からチューブタイプのベビーワセリンやサンホワイトなどを愛用している方もいるみたいです、

確かに白色ワセリンだと蓋を開けて使うものですから蓋が落ちたりしたり衛生的にも悪いですよね、チューブタイプだと簡単に蓋が開きますし蓋も落ちませんから

時間の節約にもなりそうですよね! またチューブタイプのワセリンは柔らかい為塗りやすいとの声もありました。

まとめ

これだけ花粉症花粉症と毎年ニュースにもなる程騒がれているのに、国は対策をしていない!

と国に批難の目が向けられるようになりました。 大人はともかく子供達までもが花粉症で苦しんでいて、

さらに今まで何ともなかった人達までもがいきなり花粉症になるという事態。

この時期になると花粉症対策の商品がバカ売れしますし、耳鼻科は子供からお年寄りまで行列ができてます。 花粉症=商売化してはいないか?

とついつい疑いたくなりますよね〜 ワセリンが花粉症に効果があり最高!って言っていますけど

、元を辿れば花粉があり過ぎるのが原因ですから元の花粉を少なくしていく事が先決なように思えますが、

もともとは国が始めた林業が原因でこれだけの事になってしまったのですから、花粉を減らす対策を是非していただきたい!

と思います(もう取り組んでいたらすみません)。 ともかく子供達までも花粉症なのはかわいそうですね薬もあまり飲ませたくありませんからね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る