花粉症に効くワセリンの種類は白色ワセリンかそれともサンホワイトか?

花粉症に効くとしてワセリンが注目されているんですが、実際ワセリンを購入しようとネットで検索してみると、ワセリンには何種類かあり一体どのワセリンが1番効果的なの?といった声が多いです。

また一口にワセリンと言ってもコンビニで買える種類のものもあれば、皮膚科で処方されるようなワセリンもあります。

そんなワセリンについて調べてみたいと思います!

花粉症にワセリンが効くのは本当?

口コミ1
そもそもワセリンが本当に花粉症に効果があるのか?をネットの口コミで確認してみました。ネットでの口コミも様々でしたが、いくつか紹介したいと思います。

ワセリンがあったので鼻の中と鼻の鼻の穴の周り、また目の周りにワセリンを塗って出かけました。花粉症の症状が強いので普段はアレルギーの薬アレジオンを服用していますが、

ワセリンを塗った日は薬を服用せず、マスクを着けずにいましたが、鼻もムズムズせず、目の痒みもなくくしゃみもなく過ごせました。

ワセリンはアレルギーの薬に比べると安いので試してみる価値はあると思います。

出典元http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12156822687?ccode=ofv&pos=1

口コミ2
ワセリンが花粉症に本当に効果があるのか実際ワセリンを塗ってみました。鼻の中や鼻の穴の周りにワセリンを塗ってみると…

結構テカテカしていて、手につくとベタベタするのは仕方ありませんよね、しかし効果はすぐに現れました!

くしゃみと鼻水がピタリと止まりました、ベタベタしますがワセリンが花粉症に効果があるのは本当なようです。

なとなど…

口コミを見てみるとワセリンを塗るだけなのに花粉症の症状がピタリと止んだ、さらに薬を服用している程症状が強い方にも効果があったとのこと、

これはかなり凄いのでは?ないでしょうか。

ちなみに私は引越ししてからというもの花粉症には悩まされなくなりましたが、以前は花粉症で薬を服用していました。

鼻づまりの症状が酷くて点鼻薬をしょっちゅう使っていました、

病院で受けたアレルギー検査では花粉症やら猫やらハウスダストやらアレルギーのオンパレードでして花粉症の時期は大変でしたね、

薬も合うものに出会うまでは副作用で苦しみましたし、一生薬を飲むのも嫌だなと考えていました。

それがワセリンで症状が軽減されるなんて最高ですよね、口コミのなかにはワセリンの使用感が気に入らないとの口コミもありましたが、

効果があるという口コミが多いです。

花粉症に効くワセリンの種類は?

スポンサードリンク

そこで花粉症に効くワセリンの種類はどのワセリンがいいのか?の質問なんですがワセリンには何種類かありその純度にはよって値段や成分に違いがあるようです。

純度の高い順番にサンホワイト>プロペト>白色ワセリン>ヴァセリン。

ヴァセリンはドラッグストアやコンビニでも見かける青い蓋のVaseline と書いているパッケージのものです。
お値段は50gで300円程と激安です。

ヴァセリンの成分の中には酸化防止剤のBHTが配合されていますからお肌が敏感な方は控えた方がいいかもしれませんね。

白色ワセリンもドラッグストアで簡単に購入できます、白色ワセリンと書かれたレトロ感があるパッケージで
ヴァセリンと値段が同じくらいです。

日本薬局方の基準をクリアしている日本版のヴァセリンで皮膚科でも白色ワセリンは処方されます。

スポンサードリンク

プロペトは白色ワセリンよりも純度が高く不純物が取り除かれたワセリンとなります。赤ちゃんにも使える安全性がより高いワセリンとなります。

お値段は100g1000円と白色ワセリンよりも高くなります。

サンホワイト医薬部外品に分類されるほど純度が高く伸びや使い心地も白色ワセリンとは違う純度の高いワセリンです。

お値段は50g1000円程で高くなります。

花粉症対策でのワセリンは鼻や目の周りに塗ることで花粉が目や鼻の粘膜から進入する事が目的です。ですからワセリンの純度により効果が高い低いという事はないのですが、

 

花粉症に使う場所は鼻の周りや目の周りですからそこまで肌荒れなどに気は使わなくてもいいのではないか?とは思いますが、

目の周りに使用する為、気になる方は酸化防止剤などが配合されていないプロペトやサンホワイトを使用する事をお勧めします。

ワセリンって何にでも使えて便利

特にサンホワイトは使用感が抜群です。伸びがよくてべとつきもかなり違いますから初めて使った時は『え!?これがワセリンなの?』と感動したのを覚えています。

それまでワセリンはベトベトして重たいテクスチャーで顔に付けるなんて想像も出来ませんでしたがサンホワイトならメイクの下地として、うす〜く頬に押し当てると

メイクした後に肌に自然なツヤが出せて結構気に入っています。

また子供の肌が乾燥している時に保湿として薄くつけてあげたり(唇のカサカサにも)、

ネイルケアにもワセリンは使えますし、搔きむしりあとにも使えますし、ポイントメイク落としにも使えるとの口コミもありました。

ワセリンそのものには有効成分や痒み止めといった効果はありませんが、お肌を保護し外部刺激から守る事で自己治癒を促進して乾燥や傷を改善してくれます、

しかしワセリンを肌に使うときはうす〜くつけることを心がける事が重要なんだそうです。

ワセリンは保護作用が非常に高いのでいわゆる密封された状態を作り出します。ですからワセリンを厚く塗ってしまうと熱がこもったり、ニキビを悪化させてしまう事があるそうです。

ですからワセリンを肌に使うときは肌の状態をよく見てから使用量や頻度を決めた方がいいですね!

まとめ

最後はワセリンとお肌の話になり花粉症から話がそれてしまいましたが、ワセリンって本当に便利なんですよね

花粉症用の商品として販売されているグッズは、マスクであったり、

今も販売されていると思いますが鼻の穴にフィルターを入れて花粉をシャットアウトする、という商品もありましたよね、

あとマイナスイオンの働きにより花粉を寄せ付けなくするというスプレータイプの商品もありますし、

花粉症用のメガネもありますよね、しかし身近にいつもあったワセリンがこんなに花粉症に効くなんてまさに目から鱗状態ではないでしょうか?

現在、子供までもが花粉症に苦しんでいますから副作用が最も少ない安全な花粉症対策としてワセリンは救世主のような存在ですよね。

マスクは息苦しさを感じますし、フィルターは子供には危なくて使用できませんし、メガネも嫌がる子供も多いでしょうし…

本当は花粉が無くなれば…というか少なくなればいいのでしょうが…

終いには愛犬までもが花粉症になりそうですよね。

正直に言って花粉症に使うワセリンはどのワセリンでも良いと言えるでしょう。

 

子供の花粉症が増加!副作用なしのワセリンがおすすめ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る