蚊取空清の効果や価格を調査!蚊を吸引する画期的な商品に世界が注目?

蚊取空清というシャープの蚊取り空気清浄機が日本でも発売されることが発表されました。早速気になる効果や価格について調べてみたいと思います。

今までありそうでなかった蚊取り+空気清浄機ですが、シャープではすでに商品化していてASEAN地域では大人気で当初の計画の2倍も売り上げているんだそうです

蚊取空清が助けになる?怖いウィルスを持つ蚊が増加中

日本でも流行してよくニュースでも聞いていた『デング熱』2014年にデング熱の流行があり、2015年にもデング熱感染者は増加中だそうです。

また南米ではジカ熱という蚊が媒介するウィルスによる病気の流行で妊婦さんが感染すると、生まれてくる赤ちゃんが水頭症になるというウィルスです。

今は飛行機に乗り色んな国に行けてしまいますし、ビジネスで海外への交流が盛んに行われていますから、本来なら東南アジアや南米で流行しているはずのウィルスを簡単に持ち帰る事が出来てしまいます。

ジカ熱も遠い国のことかと思っていたら、日本でも数人のジカ熱感染者が確認されているとのこと…

蚊は小さいただの虫ではなく、人間の血を吸うことから色んな病気を引き起こすウィルスを媒介することから人間にとっては敵だと言えますね。

蚊取り空気清浄機が登場!価格や効果は?

スポンサードリンク

話が蚊に行き過ぎてしまいましたが…

そんな問題に着目したシャープが以前から海外で販売していた蚊取り空気清浄機を日本でも販売することを決定したようです!

久しぶりに面白い商品が出てきた!とニュースでもこぞって取り上げられているこの蚊取り空気清浄機『蚊取空清』。

気になるお値段なんですが、アマゾンで確認したところ現在¥53,840でした。発売日は4月23日ですから現在は予約というかたちでの注文ができるみたいですよ。

日本での効果や口コミはまだ販売されてませんからレビューなどはありませんでしたが、

海外では評判が良かったみたいですよ〜他のサイトでマレーシアで蚊取り空気清浄機を使い蚊がいなくなって良かったとの口コミも見つけました!

日本でも販売されたらレビューが沢山つきそうですよね

商品説明には『薬剤を使わずに蚊を98%捕獲する』と書かれていて、画期的な商品でプラズマクラスターの空気清浄機機能と蚊が集まるとされているUVライトや小窓で蚊を誘き寄せたところで蚊を吸引して粘着シートにくっつき捕獲という仕組み。

簡単な仕組みですね〜

しかし蚊取空清のいいところは『薬剤を使わずに』というところなんですよね、

虫除けの成分が怖い

蚊って夜寝静まってから、プゥ〜んと耳元に近づいてきますよね?何度も何度も来るからそのうち寝れなくなってきて、

その時には足やら手にいくつか刺された跡があって痒くて痒くてイライラして…

そして電気を点けて蚊を探すということに…

最終的には蚊帳を吊りました。かなり改善されて子供は喜んでいましたが、蚊帳の外には蚊がいるし蚊帳の中にもたまに蚊が入ります…

『蚊が入るからっ!』とイライラしてたりしてまぁないよりマシではありますが。

スポンサードリンク

何故虫除けしないの?と言われそうなんですがやはり成分が気になり使いません、というのもワンプッシュで何時間も蚊がいなくなる商品についての記事を読んで虫除けが怖くなりました。

普通に考えただけでワンプッシュで何時間も蚊がいなくなるほどの効果はハッキリ言って怖いです。

調べていくとあの成分は神経毒だそうで妊婦さんや発育段階の子供には危険な成分だという事でした。

あの成分が充満している中で子供を寝かせるのは気が引けるのでハーブなどで代用していましたが、あんまり効果を感じられませんでした。

日中などはハーブの虫除けスプレーでも蚊よけにはなっているなぁと感じていましたが、夜になると刺されてしまうんですよね…

夜になると無防備で蚊にとっては刺したい放題ですし汗をかいたりしてハーブの成分も薄くなっていくのかと考えられますしね、

しかし、そんな悩みはみなさん同じでしょう!

蚊取り空気清浄機!絶対欲しいです!現在我が家にもプラズマクラスター空気清浄機があります。私の周りのママ友もこぞって愛用していて皆んなのお気に入りです。

それに悩みに悩んでいたあのプゥ〜ンが解決できるなら5万円はちょっと高いけど買えない値段でもないし買っちゃおう!

という気分になってきました。

蚊はどこに行くのか?

ですが吸い込まれた蚊達は粘着シートでしっかりキャッチされていて、処理も粘着シートを折りたたんで捨てるだけと簡単にできそう。

ちょっと気持ち悪そうかなぁと思いましたが、粘着シートが真っ黒だからあんまり目立たないのかも知れませんよね。

これが真っ白な粘着シートでくっついた蚊の大群がビッシリで一つ一つの蚊のかたちが見えたらちょっと気持ち悪いですけど…

家庭にいる蚊なんてそんなにうじゃうじゃいませんし粘着シートをバン!と急いで畳めば問題ないでしょう、蚊なんて手で潰せる人も多いですしね笑

ちなみに粘着シートの交換は2カ月に一度の程度で取り替え時期をランプが点灯して知らせてくれるようです。粘着シートの値段は一枚1400円程度なんだとか、

これなら安い?かなと思いましたがいかがでしょうか。

蚊取り空気清浄機『蚊取空清』日本でも定着するんでしょうか、楽しみですよね!

まとめ

マレーシアなどでも蚊を駆除する薬剤を不安視している人が増えているんだそうです。

蚊の駆除と言えば昔は蚊取り線香とかキンチョールとかでしたが、蚊取り線香は火を使いますから危ないですし、夜は出来ませんでしたよね、

またキンチョールなどの虫除けもだんだんと危険性などに注目されていて蚊を駆除したいけど薬は怖いという人が増えてきている現状。

やはり安全にはお金がかかりますよね、この蚊取り空気清浄機は空気清浄機の性能もありますから、花粉やハウスダストや黄砂やpm2.5などの有害物質の除去もできて、

蚊も吸い込んでくれますから体に優しく安全ですよね、

信頼しているプラズマクラスターのシャープの商品ですし…

現在プラズマクラスターを持っている人に割引とかあればいいんですが…

空気清浄機にオプションで後付けで蚊取り機能だけ付けてくれないかな…

なんて考えてしまいますが無理でしょう!

蚊取り空気清浄機、魅力的な商品ですよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る