顔が伸びる原因は劣化や加齢によるもの?どうすれば治るのか

アレ?少し見ない間に顔や顎が伸びたな?と思う芸能人がいますよね、また自分でも年々面長になっている気がする…

 

以前はふっくらとした丸顔でハリがあったのに、最近は頬がこけた感じがするし、顔がしぼんだ感じ…鼻の下も伸びた気がするし、私ってこんなに馬面だったかしら?

 

それは気のせいではないんです。

 

顔は加齢とともに伸びて長くなる?

 

資生堂の研究によれば、20代から顔が伸び始めて60代を迎えるまでに3センチも顔が伸びるという結果が出ているそうなんです。

 

3センチも伸びてしまうと、顔の印象はガラリと変わってしまいますよね。

 

顔が伸びる原因はやはり加齢による『タルミ』によるものです。年齢とともに全体的に筋肉が衰えてきますので、顔がの筋肉も同じように劣化していきます。

 

顔の筋肉が衰えてくることにより、以下のことが劣化として表れます。

スポンサードリンク

 

・肌のハリがなくなり、顔がしぼんでくる。

 

・血行が悪くなり、くすみが出てくる。

 

・顔の肉が下に下がり、顔が伸びる。

 

やはり頭でイメージしても加齢により顔が伸びることは簡単に想像できますよね(・・;)

 

顔がぼやけてきたら顔が伸びるサイン

 

普段どおりにメイクしても、何だか顔が締まって見えないとか眠たそうとか感じることありませんか?

 

若い時はアイメイクを少ししただけでも目がぱっちりとクリクリしていたのに、最近は丁寧にアイメイクしても何だか顔がぼやけてみえる…

 

そんな風に感じるようになってきたら顔がたるんできているサインかもしれません。

 

また普段は顔が伸びたかタルミが出てきているのか分からない人でも、写真に写った自分の顔を見てタルミや顔が伸びたことに気付いた人も多いみたいです。

 

またタルミが原因で毛穴が目立つということもありますから毛穴が少し目立つようになってきたら注意が必要かもしれませんね。

 

顔が伸びると一気に老けた感じになる

 

顔が伸びると同時に頬がこけてきたと感じる人が多いようです。やはり顔のお肉がタルミで下に下がっていますから頬にハリが出なくなります。

 

またタルミが原因で口角が下がります。口角がキュっと上がっている人って若々しくて健康的なイメージがありますが、逆に下がっていると、

 

いつもムスっとして疲れている印象を与えるため老けた印象に…(゚o゚;;

スポンサードリンク

 

さらに筋力が低下していて、お顔の血色が悪くて肌にハリや艶もなくなり、お肌が乾燥します。

 

こうなると、一気に老けた感じになってしまいますよね。いくら化粧品を使いメイクをしてもタルミや血色の悪さや乾燥はカバーしきれませんし、

 

厚化粧はかえって老けて見せると言われていますから逆効果になってしまいます(;゜0゜)

 

今からできる対処方はあるの?

black feather

そんな恐ろしいタルミで顔が伸びないためにも、今から少し努力する必要がありそうですよね。

 

顔の伸びを予防する方法としては

・頭皮マッサージ

顔と頭皮は繋がっていて、頭皮が硬くなると血行が悪くなります。お顔も同じように血行が悪くなるので、お顔と同じように頭皮のケアも考えた方がよいと言われています。

 

・顔ヨガなどで筋力トレーニング

 

タルミを解消するためにはやはり美容整形が手っ取り早いのかな?と思いますが、金額も高価ですし手軽にはできませんので、タルミの原因となる筋力の緩みを解消するために筋トレしましょう。

 

・いつも笑顔で

40代半ばにもかかわらず、いつまでも若々しい女優の石田ゆり子さんは寝る前には笑顔を作るように心がけているとおっしゃっていました。

 

石田ゆり子さんは表情は癖になるとエステで言われてから笑顔を意識するようになったのだとか、

 

そう言われてみれば、年をとっても若々しい人って常に笑顔で、笑顔がとってもチャーミングな方が多いですよね、笑顔でいることは最高のアンチエイジングになるのかもしれませんよね。

 

二重あごはガムや顔ヨガで一気に解消できる?

 

まとめ

 

これらの美容法を取り入れることにより、何年後、何十年後に差が出てくるかもしれません。

 

数年後に写真をとってがっかりしない為にも、久しぶりの友人に再開して『老けたな〜』と思われない為にも、

 

今から少し意識するだけで変わってくるかもしれません。

 

久しぶりの友人と再開して老けたな〜と思われていたらすごいショックですよね、せめてやっぱり年はとったけど幸せそうだなぁと思われてたいですよね(^_^)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る