黄砂は子供に悪影響があるのか?外出や外遊びさせる時の注意点とは

黄砂が子供にどんな影響を与えるのか?外出や外遊びはどれくらいの時間なら大丈夫なのか?そんな心配をするママ達が増えているといいます。

春になり暖かい日差しが部屋に差し込んでくるので外に出たくなりますが、この時期にママ達の頭を悩ませるのが『黄砂』や『pm2.5』や『花粉』ですよね。

今回は『黄砂』について調べみたいと思います。また子供に与える影響や気を付けた方がいいと思われる注意点などについてまとめてみました。

黄砂はどんなもの?どんな影響がある

黄砂とは中国大陸から飛んでくる『砂』のことです。毎年2月から5月の間に偏西風の影響により日本列島に向けて飛んで来ます。

春先になると埃っぽくて車や家に砂埃がビッシリとついている事がありますよね、全部が全部中国大陸からやってきた黄砂かどうかは分かりませんが、

一部は黄砂でしょう。あとは花粉やら春に吹く風などでまう砂埃もあるとは思います。

しかし何故黄砂がこんなにも騒がれているのでしょうかテレビでは黄砂が飛んで来るから注意して下さいなんて言っていますし、

体に悪さをするのでしょうか?

黄砂は砂といっても普通の砂よりはかなり粒子が細かいそうです。大きさは花粉よりも小さいそうです。

そうですよね、普通の砂は飛んで来てもザラっとしていて車などには密着しないイメージですから黄砂は砂は砂でも花粉みたいなのようなイメージなんです。

単純に考えて、黄砂は花粉のように体内に入るから厄介なんですよね。また黄砂にはアレルゲン物質も付着していますから、

黄砂を吸い込む事により、アレルギー体質の方や赤ちゃんや子供には影響が出てしまいます。

黄砂の影響 怖さ

スポンサードリンク

黄砂の怖さはその細かい粒子によりアレルゲン物質が付着したパウダーのような砂が体内に吸い込まれていき喉や肺を傷つけていく事です。

また黄砂には細菌や有害物質も付着しているのです!

黄砂の主成分はシリカというものでシリカの表面はザラザラしているそうです。ですから吸い込むことにより喉などの粘膜を痛めつけてしまいまうそうなんです。

さらに肺には蓄積されていくという恐ろしい事実も…

こんな事を知ってしまうと、一粒でも子供の体内には入れたくないというのが親心ですよね、まだまだ未成熟な子供の肺にアレルゲン物質や細菌が付着したザラザラのパウダーが入るなんてっ

とっても痛そうだし、将来病気にでもなったら大変ですからね〜

黄砂対策としてママができる事

黄砂が飛んでいる、または黄砂が多いとの情報をキャッチしたらなるべく子連れでの外出、外遊びは控えた方が良さそうですね、

大人はマスクしても平気ですが、子供はマスクしてもすぐ外してしまうので意味がないですもんね〜

黄砂が多い日に外遊びしたらやはり防ぐ事は難しいみたいですね。

しかし買い物やらチョットした急用でスーパーまでとか銀行までとか出かけなくてはならない時もありますから、まだベビーカーに乗っているお子さんでしたら、

今は雨よけなんかのシートがありますから、それをうまく利用して黄砂を避ける事ができますし、車に乗ればかなり黄砂の影響は軽減されますよね。

子供を外遊びさせなければそこまで気を使わなくても黄砂から子供を守る事は出来るでしょう。

また黄砂は洗濯物や外に着て行った衣類にも付着している可能性がありますので注意が必要です。洗濯物は乾燥機で乾かすか、室内干し

スポンサードリンク

また外に着て行った衣類は家に入る前にはらって、出来れば玄関に衣類をかけることのできるものを置いて、ハンガーで吊るしておく。

よくテレビで言われている花粉を家に入れない対策をすれば良いのかなぁと思います。

赤ちゃんのいるお宅だと空気清浄機がある家庭が多いとは思いますが、空気清浄機も置いた方がいいですよね!

外遊びしたい子供との闘い

しかし外は晴れていて風もビュンビュン吹いて楽しそうなのに、『何で外遊びできないの〜?』なんてブツブツと言ってくる年頃の子だとママ達も大変。

ママ達も本当は外遊びしてくれた方が子供達も疲れてお昼寝してくれるし、元気に遊んでいる姿を見たいですから外遊びさせたいのですが、

黄砂が… 花粉が… pm2.5 が…

って心配なんですよね、

そんな時は児童館とか室内で遊べるような施設へと思い切って出かけてみてもいいかもしれませんよね、仲のいいママ友と一緒に行くとママも気分転換になりますし

今日一日中家にいた…という罪悪感で疲れることも回避できますしね!

黄砂黄砂って過敏なママって思われる?

ネットで黄砂や子供について色々記事を読んでいて感じたのは、黄砂や汚染物質に敏感な方とそうではない方との温度差があるという事。

今日近所のママ達子供達とみんなで公園に行く約束をしていたけど、朝から黄砂が飛んでいて出来れば私は行きたくない…

でも黄砂が理由で付き合いを断わっても良いのかなぁ?

というママもいれば…

黄砂黄砂って過敏になり過ぎでしょう、少しの黄砂なら外で遊ばせるし洗濯物も外で干すし、黄砂で断わってくるなんてっ

という意見もありました。

出典http://okspi.yomiuri.co.jp/reader/view/topic.jsp?tpid=363775

気になる方やからしたら黄砂が飛んでるのに子供を外遊びさせる事に抵抗がある、しかし気にならない方は気にならないですから、

えっ!?そんな理由で今日の外遊びが中止なんて、子供は楽しみにしていたのに、準備もしていたのに…
と感じるでしょうし、

難しい問題ですが、そんなトラブルを防ぐために可愛い嘘をついて遠まわしに断わった方がいいとの意見が非常に多かったです。

例えば黄砂じゃなくて『風邪気味』とか、『体調が悪い』とか『急用』とか…

そんな感じで、

まぁ本当に仲の良いママ友だとそんな所も理解していたり意見が共通していたりするのでそんな心配もないのかもしれませんよね。

黄砂が気になるママ友同士だと、『今日は黄砂が酷いから公園はやめて室内で遊ばせるところに行かない?』となるでしょうし、

気にならないママ友同士だと約束通り公園に行くでしょうからお互いストレスフリーでいいですよね。

しかしこれが子供が小学校だっり自分の意思で友達と遊ぶようになるとお手上げなようですが。勝手に約束して遊びますからね。

まとめ

しかし黄砂やら花粉やらpm2.5やらが恐怖を煽るようにニュースで取り上げられるようになったんでお子さんを持つママ達が気になるのも仕方ないですよね、

子供の頃毎年春になると喉が痛くて病院に通い薬を飲んでいたんですが、あれは黄砂だったんでしょうか?または排気ガスとかの公害?

公害は多分というか絶対昔の方が酷かったとは思いますが、今は色んな情報を知る事ができますからあれもこれもというふうに騒がれていますよね、

確かにネットで黄砂について調べてみて肺に蓄積されるなんて記事を見つけて読んでしまうと怖くなりつい過剰に心配したりしてしまいますしね、

私はこんな記事を書いている身ですから毎日毎日そんなネットの恐怖に過敏に反応して対策したりしているんですが…

しかし実際そんな事気にしていたらキリがないという事に気がつき空回りしているなと感じる事も多いです笑

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る