黄砂アレルギーで肌荒れや皮膚炎が続出!原因や治し方は?

黄砂アレルギーで肌荒れや皮膚炎で悩む人が続出しているみたいです。花粉症の時期と同じ時期にやってくる黄砂なんですが‥

黄砂アレルギーを少しでも抑えたり肌荒れや皮膚炎から解放させてくれる手立てはないのか?

また黄砂アレルギーによる肌荒れや皮膚炎の原因について調べてまとめてみたいと思います。

黄砂アレルギーによる肌荒れや皮膚炎

黄砂が偏西風にのってやってくる時期は2月から5月にかけて、4月をピークにしてあとは減少していく傾向にあります。

そうです、黄砂は現在ピークを迎えていて一年で最も多くの黄砂が日本列島を覆っております(−_−;)

黄砂はその名の通り砂なんですが、粒子が細かくパウダーみたいな砂のため、体内にも入りやすいですし、

嫌な事に、お肌の上にもピタッとフェイスパウダーのように付くこともあります。

問題なのは、黄砂にはアレルゲン物質やホコリやカビなど体に悪い物質がくっ付いていますので、

そんなアレルゲン物質やホコリやカビなどによるアレルギーや肌荒れ、皮膚炎、またアトピー性皮膚炎に悩まされる人もたくさんいるそうです。

症状は肌荒れ、かゆみや湿疹や赤み、極度の乾燥などで人によって変わってきます。

時期的には花粉症の時期と重なるために、花粉症かなぁと思ったりもしますが、黄砂アレルギーによるもの、

スポンサードリンク

または花粉症と黄砂アレルギーの両方ということも充分にありえます(ー ー;)

両方を同時に‥となるとアレルギー反応も症状の重いものになりますから特に注意が必要ですよね。

黄砂の有害物質は年々悪くなる?

黄砂が春に日本列島に来るのはつい最近始まったわけではなくて、ずーっと昔から黄砂は日本列島にやってきています。

しかし、最近の中国は世界の工場と呼ばれて、たくさんの工場が中国にはありますしその産業によって、

驚くほど大量の有害物質やら排気ガス、発がん性物質が中国では観測されています。

この時期になると黄砂やPM2.5の話題でにゅが持ちきりになりますし、大陸に近い九州では特に高い濃度が観測されていて、

子供を外に出さないとか、不必要な外出は控えるように‥

などの注意喚起が行なわれますよね。

そんな無数の有害物質などが黄砂とともにやってきてるのですからアレルギーや被害が出てもおかしくはありませんよね、

しかも花粉症と重なってはたまりません‥

黄砂アレルギー肌荒れの対策や治し方とは?

黄砂アレルギーの治し方は病院に行くと花粉症と同じような治療法になるそうです。

スポンサードリンク

アレルギー反応を抑えるような治療法になりますから、根本的に黄砂アレルギーを治すという治療法ではありませんよね、

やはり黄砂アレルギーなどのアレルギーは原因となる物質をなるべく体内や皮膚に取り込んだり、触れたりしないということが重要のようですね、

肌荒れや皮膚炎の場合、肌をなるべく露出せずに、マスクやメガネで覆ったほうが良いとされています。

また女性はメイクをしない方もいらっしゃると思いますが、メイクをしない事で逆に素肌が剥き出しになり

アレルギー物質が肌に直接触れてしまうということもあります。

肌荒れや皮膚炎などでメイクできない場合を除いて、ワセリンなどを薄く塗って肌に薄い膜をはり、

ワセリンだけだとベタベタするので薄くフェイスパウダーなどで抑えるとかなり違ってくると思います。

私もアレルギー体質なので素肌でいると顔に赤みがでたりしますが、メイクをするとかゆみが出ないこともあります。

空気清浄機などで寝室の空気をきれいに

黄砂や花粉にアレルギーがあるかたは空気清浄機を使う事をお勧めします。

空気清浄機はピンキリですが、気持ちだけ空気清浄機みたいなものもありますから、ある程度の価格のものがいいです。

空気清浄機があるのとないのでは全然違います。

外から持ち帰った黄砂や花粉は室内で飛び回っているそうです∑(゚Д゚)

誰かが動くたびに床に落ちた花粉や黄砂が舞い上がり、そのまま寝室、ベッドにまで‥
ということを想像するとゾッとしますね。

人間は眠っている間に傷ついた細胞を修復していると言われています。

肌もそうで、肌荒れしていたお肌も睡眠中に修復されるはずですが、そこにアレルギー体質が飛び回っていれば、

また肌を刺激しますよね、睡眠中に無意識に肌をかいているかもしてませんし、そんな事ではなかなか肌荒れは治りません。

いい空気清浄機があれば寝室に置いて、きれいな空気を吸いながらの睡眠が可能になりますから、

アレルギー反応で疲れた体もお肌もゆっくりと休ませてくれて、早く回復するでしょうね、

まとめ

毎年アレルギー反応がきつくなってきているような気がします‥

子供にはまだアレルギー反応はありませんが、時間の問題なのかなぁと思っています。

出来るだけアレルギーの原因になるようなものを排除していきたいのですが、あまりにも過敏になりすぎると、

どこにも行けない‥

何も出来ない‥

ということになりますからある程度の妥協が必要なのかな?と考えたり‥

しかしあのすごい黄砂の映像を見ると恐ろしくて、やはり過敏になってしまします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る