LINE監視アプリが子供のいじめ防止として保護者に提供される?内容や反応は?

LINE監視アプリが千葉県柏市の中学一年生の保護者にいじめ防止として試験的に無料提供されるというニュースが話題になっていますよね。

これってすでに中学一年生がLINEを使っていることが前提になっていますから、中学一年生のスマホ保持はもう当たり前の事のようですね。

いじめなどが原因で事件に発展したケースも最近よくありますから、保護者や学校側としてもLINEでのやりとりを把握したいとの事では?とも考えられますよね、

LINE監視アプリの内容とは?

そこで気になるのが『LINE監視アプリ』って一体なんなんだ?ということなんですが…

イメージとしてはLINEを監視する→LINEの内容が丸わかり。

みたいな事なのかなぁと思っていましたが、実はちょっと違っていて、親子のそれぞれのスマホにLINE監視アプリである『フィリー』のアプリを入れると、

いじめに繋がるような単語を抜き出して親に通知するというシステムらしいです。

LINEの会話の内容は全く分からないんですが、例えばバカという単語がLINEの会話に入っていたら親にその単語と日時を知らせるというのです。

単語は『バカ』とか『KY』のようなバカにしたりいじめだと思われるような単語から『応援』というような援助交際を匂わせるような単語までを知らせてくれます。

カテゴリーは10に分かれていて暴力や出会い系や悪口など2万語にものぼるようですが…

LINE監視アプリネットの反応は様々

スポンサードリンク

・これはLINEがしなければならない事、こうゆう取り組みは必要だと思う。

・いいと思う、もっとやれ、

・凄い時代になった…

一方では

・これは違うだろ〜

・こんな事しているから子供の発言の自由がどんどんなくなっていく。

・狂ってる。怖い。

と否定的な意見も多数あがっております。しかし学校がこのように一見やり過ぎとも感じられるようなLINE監視アプリの導入を決定した背景にはやはり数々のLINE関連事件があったからでしょう…

LINE関連のいじめや事件が続出

LINE関連のいじめや事件が続出していてその年齢層は中学生や学生に集中しています。

LINE関連のいじめにより命を落とした少年少女も少なくはありませんから、保護者としてもLINEやスマホは友好関係を築いていくためにも必要だとは納得はしていても、

いつ自分の子供がLINE関連のいじめや事件の被害者または加害者になるか分かりませんから心配でしょう。

スポンサードリンク

中学生にもなると色々と多感な時期ですからいじめを受けていたり、またいじめにあっている友達がいたりしていたりしても、

親にも悩みを正直に打ち明けてはくれなくなるでしょうし、学校の先生にはもちろん言うはずないし…学校側もいじめで被害者を出したくはない。

LINE監視アプリはそんな保護者と学校にとっては『仕方ないから監視アプリで監視します』という気持ちが見えますよね。

LINE監視アプリの効果はいかに?

まだLINE監視アプリの試験的導入段階ですからまだまだ目に見えて効果が出ているという事はありませんが、これによって今までのLINEのやりとりに変化が出てくるような気がします。

子供って隠れてコソコソとすることにはかなり長けていますから、使えない言葉を使わずに隠語なんかを使ってLINE監視アプリには引っかからないようにLINEを使いそうですよね、

しかし、劇的に悪口や暴力的な単語がLINEからなくなると、それだけでターゲットになっているこには救いの手になる事かもしれませんね、

言葉の暴力も耳で聴くよりもメールや文章で見た方がショックですし後々まで残ったりしますからね、LINE監視アプリを使う事で、

LINEでは下手な言葉を使えないなという抑止力になればいいなと思いますし何気無い言葉の暴力に多感な少年少女は傷つきますし、下手したらトラウマを抱えることにもなりかねませんからね、

大変便利で楽しいLINEをいじめなどの手段には使わないでね、というメッセージを発した事はいいのかもしれませんよね。

LINEで世間はパニックに!?

それにしてもここ何年かで急に利用者が増えたと言われているLINEですか、何かトラブルがあるたびにLINEが使われているので、

LINE自体にもそういった規制みたいなものが出来たりするのかも?しれませんよね。

今年の初めからLINEの流出による不倫騒動やいじめや事件が報道されるたびにLINEにより呼び出されたとかLINEで前からいじめられていた…

なんて感じで、奥様や彼女に後ろめたい事をしている人はLINEが流出していないかと必死に情報収集していた人もいるなんて事も小耳に挟みましたしね〜

まとめ

なんかのニュースで今。中学生はLINEを既読スルーしない為にずっとスマホが手放せない状態で、寝る寸前までLINEのグループトークをしているという状態なんだと知りゾッとしました。

我々の時代は(おばさん目線で古い)学生時代なんて勉強とか部活に打ち込んでいて、友達とのやりとりは電話か手紙でしたから、

今考えるととても健全な学生生活を送れていたんだなと感じました。

今は便利なものがありすぎるから学校でやらなくてはならない事以外にもやらなくてはならない事があって逆に可哀想かなと思いました。

既読スルーなんて気にせずにテストに向けて勉強できたし、LINEによる友達関係のこじれもなかったですからね。

いずれにしても、LINE監視アプリがどんなふうに活躍するのかは分かりませんが、今後の経過報告に注目したいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る